カテゴリ:「食・レシピ」

No meat No life

2010.10.30(Sat) | EDIT

先日フィンランドからお客様がお見えになり、一日中アテンドとなった。



 





Dsc00447_2



 



うちの会社で一番遠くに居るお客様なのだが、訪問回数はダントツのナンバーワン。



中国に行くついでに寄るらしいのだが、うちとのビジネスボリュームから考えると、中国だけの往復でもいいんじゃないの?と思ってきいてみた。



「中国で出張を終えるより日本で終わりたい」



ははーん。なるほど。笑



  



でもあまりに日本に来過ぎているのでもう観光する場所もない。



よって、食べ物で満足してもらうしかない。



 



前回このうちのお一人がこんなことを言っていた。



 



「KOBE BEEF」



 



どうもテレビ番組で日本の牛肉の特集を見たらしい。



ビール飲まされて、マッサージされて・・・・・オレは牛になりたい!と言っていた。うん、私もなりたい。



 



で、行かざるを得ませんよね、そんなこと聞いたら。



 



Dsc00451



 



Dsc00449



 



既に半分無くなった後のお皿。本当はもっと載っていた。



お店の方が焼いてくれる。良かった。私が焼いて不味くなったら号泣だもん。



 



とろけます。めちゃ美味しい。



お客様たちもひたすら感動感心。ニヤリと笑ってた。写真もパチパチと撮っていた。で、私もつられて撮ったのだ。



その他カイノミ、ユッケ、ハラミ、カルビ、タン、もう忘れたが、全て神戸牛。美味しい!



 



で、KOBE BEEFと発言した方が、ここのワインリストを見せてくれ、と。



嫌な予感がしたが、それは的中。



「この店はとてもいいワインがあるね。これを飲もう!このお肉にはこのワインがベスト!!」



 



Dsc00453



 



社長、すみません。どうしてもお客様が、お客様がおっしゃるんでね、仕方が無かったんです。



 



この人、ワイン通らしい。私はワイン通という人を大体信じていない。なぜなら好みの問題だろうと思っているからだ。



しかし、赤ワインより白ワイン派の私でもとってもとっても美味しくいただきました!これは覚えていて間違いはないと思いましたが、自分の財布で飲める時がいつか来るのか?!



  



ちなみに昼は銀座でお鮨だったんだよね。



すごいなーと思ったのが、プレートを見ると外国人のお客様だけわさびが別盛されてある。



どうしてですか?と聞いたら、外国人のお客様がほとんどがわさび好きだから、と。



ほー。確かにうちのフィンランドのお客様たちもわさび好き。素晴らしいサービスだね。



 



で、結論。



 



いつもこの会社のお客様が来ることが決まるとブルーになるのだが、ご飯でチャラとなる。笑



プロフィール

sanagonta

Author:sanagonta
武蔵(タケゾウ)と小次郎、そして武蔵の弟子、城太郎のブログにお越しいただきありがとうございます!

●武蔵 バーニーズ
2010/4/19-2015/1/19
4歳9カ月でお空に駆け上ってしまいました。

●小次郎 バーニーズ
2011/1/29生まれ

●城太郎 ニューファンドランド
2015/3/12生まれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム