バックナンバー

モモンガ

2010.07.31(Sat) | EDIT

昨夜10時半ぐらいのこと。タケ兄が会社から帰ってきて、ご飯が出来るまでの間タケといつも通り遊んでいた時にそれは起こった。



じゃあ、今日は階段を上る練習をしよう、と1Fへ。時間は多少かかったものの、半分ぐらいまで上れた。



「タケが階段上れるよ~!」とウキウキなタケ兄。しかし半分まで上ったタケは何故かそこでUターンの姿勢に。そしてそのまま落ちていった。タケ兄はタケよりも数段高いところにいたので受け止めることができなかった。



落ちてすぐはショック状態でフラフラ。脱臼か骨折かと思うほどだった。1Fの階段下というか1Fの玄関含め廊下は全てタイル張りなのでどこに落ちようが同じ。どこか折れたのだと思った。とりあえずタイルの上だと弱い力の場合滑るだろうと思い、タケ兄がそっと抱き上げて2Fへ。この前買ったベッドに横たえて様子を見る。ちょっとぐったり。ああ、タケよ。またしてもゴメン。骨、ぐちゃぐちゃになってないか?まずはショックから元に戻すために何も触らずじっと見ていた。しばらくそのままだったが、あれ、立ち上がる?あれ、歩く?ちょっと待ってタケ。ベッドに戻してゆっくりやさしく全身を触ってみる。キャンとは言わない。クンとも言わない。今度はさっきより力を入れて足を握ってみる。背骨やあばら骨とか尻尾も手で感触を確かめる。・・・鳴かない。



うーん、大丈夫だったのか?で結局歩き始めて、おもちゃを取りに小走りまでする。いやあ、あの位置から落ちたんだもんなあ。タケ兄に落ちた時の様子を聞くと、モモンガ体勢でゴテゴテと落ち、そのままの体勢でタイルに到達した模様。アタマも打ってないらしい。し、しかし。。。とりあえず触って何もなし、平常どおり歩いて走ってる。痛かったらすぐに足を引き摺ったり床に着けないだろうと思うから今夜はとりあえず様子を見ようと。



そして翌朝。いつも通りな感じ。何度も何度も歩き方を確認するが、違和感は感じられない。



朝9時病院に一番で電話をし状況を話した。基本的に飼い主さんが触っておかしくない場合は大体先生が触診しても変わらないそうで、痛がることが無い場合はレントゲンも撮るかどうかも微妙だと。今日一日様子を見て、おかしかったら来てください、とのこと。そうなのか。まあ、今元気だし、相変わらずの恐ろしい食欲だし、大丈夫そうだね。



今日は社会化お預けの日だったが、急遽お休みにさせていただく。仕方ないね。。



しかし、その後また全身タッチをしてみると、先日液体を抜いた肘が少しまた盛り上がっている。割と気になる大きさ。骨には異常が無くてももしかしたらこっちが内出血だのおかしなことになっていたら困るので結局病院に行くことにした。



結果は経過観察。抜くことはしなかった。何度も針で刺すのはよろしくないと。全身もドクターに触診してもらった。大丈夫そう。モモンガ体勢が不幸中の幸いか。



ただ、先日抜いた液体の病理検査結果がイマイチ思わしくない感じではあった。先生も結果についてはうーん、という感じで、まだ子供だということで本当に悪いのかそうじゃないのか判断がつきにくいし、患部をむやみに切ったりしたくないらしい。今培養検査の結果待ちでもあるので、それは追ってご報告となる。



タケ兄とタケ。ほのぼの中。



Dvc00002

抗生物質

2010.07.30(Fri) | EDIT

今日はなんかダラダラした日だったから夕方に少し散歩に出かけた。家の近くを一周。あまりにおいも嗅がず前にも出ずスタスタ歩いてくれる。あら、おりこうちゃん。



お散歩前にウンウンとシーシーしたから大丈夫かと思いきや、いきなり人んちの前でウンウン。家ではウンウンの踊りがあるから余裕があるんだけど、お散歩の途中は不意打ち。まだタケと私の散歩のリズムがつかめていないのと、タケもゆっくり歩いてはくれない。いつも私が早足、タケが小走りみたいな感じ。よって、ウンウンフィーリングになっても踊らない。いきなり止まって・・・・トローン。ああ、抗生物質!この副作用とやらのソフティウンウン止めて~!ただでさえコロコロウンウンじゃないのにさ。



しかも処理中そのお宅の人が犬と一緒に出てきた。自転車でボーダーコリーのお散歩に行くところらしい。す、すみません、粗相をしてしまいました。すぐに片付けますので、、と大汗をかきつつ掃除。でもそのお方はやさしく待っててくれた。



10分後、家に到着。



Dvc00002



玄関のタイルにベターッ!とにかくベターッ!恐るべしタイルパワー。タケゾウが吸盤のごとく吸い付いたよ。



Dvc00001



来週は今夏のピークの暑さらしいから、またもやエアコンガンガンか。



タケ、本格的なお散歩はもうちょっと待っててねー。



ベッドとは

2010.07.29(Thu) | EDIT

寝たり、横になったりするものです。



Dsc01841



最初は写真のタケが寝ている場所に置いた。そうしたらずっと何かを訴えるようにつきまとってきた。さっきご飯食べたばっかりだしな、ウンウンの前触れでもなさそうだしな、今日はずっと同じ部屋にいるしな、怒ってもないしな、と理由を考えることしばし。ああ、これね。そこに置いたのが嫌なのね。どうしてもそこのタイルの上がいいのね。タイルならどこでも同じってわけじゃないのね。ママが一番近く見えるところがいいのね。(といっても私からの距離は5メートルも離れとるがな!)で、結局寝ない午後になってしまいそうなので少しどかしてみた。そしたらやっぱりそこで寝た。



肘の病気のために買ったのよ~、そのベッド。でもまだ暑いんだよね、布は。でもあと数日、コルクマットが届くまでなら寝ててもいいか。



しかし、あまりにも無視するのでPCコーナーの横へもってきた。そしたらこうだよ。



Dvc00005_4



Dvc00006



で、やっとこさ、、、



Dvc00007



いちおうこのベッド3Lサイズなの。写真では少しの余裕しかないように見えるけど、実際は丸まったら半分余る。ベタッと寝たらちょうどいい。LLでも良かったけど、せめて半年以上は使って欲しいじゃない、今回は。だから3L。



ただ、今までゴロンとなるときに必ず床に打ち付けていた肘がこのベッドに一応関心があるようでここでゴロンとする回数も増えた。よって物理的な回数は減ったと。



ウンウンが抗生物質のおかげで少しゆるめ。先生に副作用を聞いておいてよかった。



タケが晩御飯を食べてから落ち着かないなと思ったら、今度は足立の花火がどうも影響しているらしい。すぐ近くでやっているのだが、それが家でも聞こえてきてる。終わった瞬間おねむが始まった。おもしろいねー。

社会化初日

2010.07.28(Wed) | EDIT

昨日はタケの社会化初日だった。



いい天気。暑かったけど死ぬほどでもなかった江戸。Mさん宅の玄関先で引渡し。



ふと、自分が幼稚園のお迎えバスに乗り込む前にギャーギャー泣いて母親を困らせた(怒らせた!)ことをうっすら思い出した。何故かどうしても行きたくなかったんだよね。バスの中で指遊びの歌(いちにのさん、しのにのご、さんいちしのにのしのにのご、っていうやつ。知ってる人いるかな)を歌うのも、あれだけ泣いて嫌がって乗り込んだからなんか素直にやることがかっこ悪くてやらなかったことだけはっきり覚えている。ひねくれてるねえ。



でもタケ、あんたあっさりさっぱり行ったね。笑 ぐずらなくて良かったよ。一応お伺いするのは二度目だしね。



家に戻り仕事。タケのお迎えの時間はすぐにきた。そして半日ぶりのご対面。喜び!というよりは、あらあんたもう来たの?みたいな感じ  「ママが来たよ、ママだよ、うれしいったらありゃしない!!」みたいな様子とはまだまだかけ離れています。チッ。



タケの様子をいろいろとご丁寧に説明していただき、加えてレポートも!たくさんの見知らぬ犬たちに囲まれた瞬間のタケの顔が見てみたかったね~。匂いかいだり、ソファの上で寝たり、ウンウンシーシーの状況も!(相変わらずペットボトルはまだだった。ご確認感謝いたします。)帰りの渋滞の車の中で待ちきれずレポートをちびちび読ませていただいた。タケはちょいと内弁慶らしい。これもたくさんの犬たちを見てきた方々だから言えるコメントなんだとしみじみ。だって、私の見解は単純明快なやんちゃ王子だもんね。体格のわりにすばしっこいと。これはわかる。いつもタケ兄に鍛えられてるもんね。笑 それと隙あらば脱走してやろうといつもアンテナ張り巡らせてるもんね。



車の中では半分寝てました。帰宅するなり大量のおしっこ&水ガブ飲み。一気にいつものボウル一杯半。びっくり。車の中って乾燥してるもんね。それと緊張から解けたからか。でもえらいね。今のところ車の中でおしっこしてないね。ご飯もガツガツ!その後グテーン。カメラのフラッシュの音にも起きず。



Dsc01827



しかし、預かっていただいてもう一つありがたかったのは、タケの前足(右)の肘にできているプニュプニュを発見していただいたこと。水だか腫れだか触ってみても不明だが、早速ネットで調べてみたところ、たぶんこれ。



http://www.noah-vet.co.jp/jouhou/haiguroma.htm



これもまた自分では全身を触ってるという思い込みが原因。肘を打ち付けて床にドテンと転がっているのは毎日見ていた。負担だろうね、なんて夫婦で話していたのに、だ。気付いてあげられなかったことに反省・・・。



本日夕方病院に予約を入れた。洗面所のタイルともおさらば。コルクマット追加購入決定。あと、大きなベッドも買ってあげよう。そこで寝てくれるようになってくれれば。しかしうちに来てまだ一ヵ月半なんだけど、本当にいろいろあるね~、タケ!



レントゲンとシェルティーと流血

2010.07.26(Mon) | EDIT

まず、今朝のタケの体重は14.8キロ。先週15キロになるかと思ってたけど、今週か。まだ持ち上げられるけど、いつまで持ち上げられるのか?



さて、ここ数日いろいろあった。



●7/23 金曜日



夕方ケホッ、カホッというタケの声に何を食っただ と思いつつそのへんを探す。何もない。食べられてしまってこまるものは置いてない。おかしいなと思って、いつもあげてるペットボトルを拾い上げる。穴が開いている!!ペシャンコになっているものの、底のあたりの一部が欠けている。これだ。しかも小指の第一関節弱ぐらいの穴だ。やられた



あのカホコホは飲み込み中ひっかかった時に発したものだったのだ!急いで病院に電話。来てくれと。残されたペットボトルも一緒に持っていった。



「これです」 「ああ、これね」



レントゲン2枚。透明のペットボトルは映らないことが多いとのこと。そりゃそうかも。。結局はさつまいもで出てくるのを待ちましょうとのこと。で、本日再診料やらなんやらで8190円也。プラスさつまいも代。出てくれれば3~4日かなあ、と言われたので待つしかない。早く出てきてほしい。焦っても仕方ないのだが、出てこなかったら困る。最悪開腹手術らしい。早速さつまいも治療開始。(ふかして与えるだけだが・・・)





●7/24 土曜日



朝から夫婦とタケでお出かけ。朝から暑かったなあ。まあ、最近毎日だけど。向かった先はあるお宅。私達バカ夫婦、いや、タケ兄をバカ呼ばわりしてはいかん。 先日バカタケママとタケ兄だけでは立派に育て上げられるのか少し不安と感じ始めてたところにとても気になるWebを発見した。読み進める内にいろいろな部分で「あ!」と思うことがたくさんあって、ああこの人に会ってみたいと勝手に思ってた。横にも奥にもたんまりなサイトなのでまだ全部を読みきってないのだが、ふと進んだページに社会化の預かりとしつけ教室をされておられるというのを発見したときには鳥肌ものだった。オフィシャルに会える。早速メール。すぐにお返事が。で、お出かけとなったのだ。



いかに私達が自由奔放に育ててきたかがよくわかる。これは他人に言ってもらわない限りわからない。だって、私はわりと厳しくやってきたかも、と思っていたからだ。厳しくやるポイントと甘やかすポイントが違うのだ。例えば同じおやつを与えるにしても効果的なやりかたがあるのだ。それが今日少しわかっただけでも進歩だ。以前飼ってたタロウには「しつけ」という部分でほとんどかかわりがなかったから、タケについては初めて育てるのとほぼ同じ。タケ兄は猫しか飼ったことがなかったから私よりももっと素人。タケに誰かが必要というより、私に誰かが必要だった。そしてお会いしてたくさんお話させてもらって、ああこのお方にお世話になろうと、とても心が安らいだ。久しぶりのシェルティにも会えて、お話の途中私は何度か泣きそうになった。タケのこれからの一生を安心して過ごしてもらうためにがんばろう。



今週から火曜日と土曜日の週二回の預かり。月に2回は夫婦でしつけ講習。とても楽しみである。



夜に友人のダイキが来てくれた!タケ、うれしそう!犬を飼っている人の扱いは安心してみてられるね。噛みそうになったり噛まれても対処がわかってくれてるもんね。たくさんヨシヨシしてもらって触ってもらってダイキが帰る頃にはグーグー。男の人だとどうも仲間が来た!っていう感じみたい。女の人のときと態度が違うような気がするなあ。。チワワ飼いのダイキは、子供とはいえ既にチワワの何倍もあるタケの触り心地に大型犬いいなあって。どうぞいつでも触りに来てくださいな。お茶でもご飯でも用意して楽しみに待ってるよ!あっちゃんも待ってるよ!!タケが大きくなっちゃうよ!(既にデカいんだから・・・ )





●7/25 日曜日



今日は午前中からタケが吠えまくる。吠える手前でストップさせようにも散弾銃のように吠えまくる。どした?と思うがこれといって理由もなさそう。昨日のお出かけが今日まで響くのかね?と思ったりもしたが、まあ止めるしかない。両足で羽交い絞め?にして15分。この間もがくもがく。自由にならないのがこんなに嫌かね?ママの両足なのにね。これなんだよね、信頼されてないってグサグサくるのが。一応収まったというか、疲れただけだと思うが力みが無くなったので放したらすぐに定位置の洗面所でゴロン。眠った。午後も同じことが繰り返された。吠える。何故だっ!たぶん午前中の恐怖?が警戒になってしまったのだろう。前のめりになって吠えてたからね。なんかその姿見たらちょっとショックだった。嫌いなものに対する顔してたもんね。



でも何故か夜は普通だった。アップダウンの激しい男は昔から大嫌いだが、安心して暮らせない家で安心して過ごせる家族と一緒じゃないのかもと思うと人間も同じかね。感情のムラってきっといい環境で暮らせてないことが原因だよね。いろいろ考えさせられること多し。でも普通になったからとりあえずゆっくり夜を寝てもらおう。





●7/26 月曜日



今日は朝からご機嫌さん。



午後ふと床を見たら何か赤いものが。血だ。ここはさっきタケが私のサンダルをカミカミしていたところ。もしや歯が抜けるの?3ヶ月でも抜けるっけな?口を開けてみるが見当たらない。どこか怪我でもしたか?!タオルを噛ませて再度確認するも何の痕跡もなし。経過観察だね。というより経過観察ばかりだな。



そしてまだ出ない。ペットボトルの破片。土曜日の公園でむしゃむしゃ食べていた砂利が日曜日の夜に出たくせに。砂利は早いのか?胃酸でペットボトルって溶けないかね。ちなみにウンウンは金曜日の夜から主に目視だったのが100%手ほぐしに変わりました。もちろんペットシート越しだけど。笑



さすがに砂利の時には手ごたえがあったのでペーパータオルに割り箸で移し、水で洗ってみた。砂利だとわかってがっかりしたけど。しかし手当たり次第何でも口にいれようとするね。怖いね~。拾い食いは絶対にやめさせなければ!





ちなみに、うちに来た頃のタケ。ケージの短手方向に全身が収まっている。



Dsc01503



今日のタケ。もう無理。



Dsc01814



同じトレーの上だとは思えないねえ。。。大きくなったらどんなかっこで寝るんだろう。



熱波

2010.07.22(Thu) | EDIT

ここ二日間は引きこもり状態。家から200メートル離れたところにスーパーがあるのだが、そこさえも自転車で行ってしまう。外気にさらされる時間をミニマムにしてる。何故なら暑すぎるから。



今日はいつもはあまり開放しないリビングでの滞在時間を長くしてみた。いつも短い時間だから主人と一緒に走り回ってるだけ。でも今日は走り回らせずにそっとしておいた。そしたらずっと窓から外を見ていた。



Dsc01805 Dsc01806



●2Fのリビングのこの窓は落っこちそうな眺めなので窓ギリギリは行きません。怖いみたい。’文’の文字が見えているように、すぐ近くに学校があります。女学生がたくさん通るので散歩ができるようになったらウキウキになるのかもね。



Dsc01808



●骨。やっぱり骨。昨日食いつきが悪かったのは部位のせいらしい。ちょっと肉の破片がついているのがお好みのようで・・・。ケージのプラトレイの上では骨がツルツル滑ってしまうので自らバリケンの中に入り、タオルの上で食べてます。結構賢いな・・・。骨を与えることで少しブルーになるのは、齧った破片が散らばって、タケの身体についてしまうこと。少し臭うのよねー。だから食べ終える(=飽きる)とケージから出してまずボディタオルで拭きまくるのだ。



Dsc01813



今朝のタケ。14.6キロ。今週中に15キロ越えか・・・。しかし本当に成長早いんだね。これでも毛皮の部分はまだまだタプンとしてるというか伸びるんだよね、ビヨーンって。



今日は4時に起こされた。お願いだから今夜はゆっくり眠らせてくださいませ。。

腹ペコ

2010.07.21(Wed) | EDIT

いつも腹ペコのくせに、毎日あげると飽きるのだな、骨。笑



ちょびっとかじってポイ。あら、もう飽きたのねーとスゴスゴ片付ける。次は数日あけてみよう。



今日昼間に車で外に出たらインパネの示す外気温が「39度」。その瞬間もう笑うしかなかった。暑いよ。よくニュースで最高気温35度とか言ってるけど、それは百葉箱なんでしょ?アスファルトの上やら車の近くでもないんでしょ?照り返しや人がたくさん集まってるところじゃないでしょ?といいたい。よって、たぶん実際はプラス2~5度なんじゃないかと思われ。



そう、車で出かけたのはマックのドライブスルー。バーガーイーターの私。今日はチキンのオーロラソースを食べた。なんや、サウザンアイランドやないか!レモン&ソルトのほうが断然美味しかった。久しぶりにバーガーキング行きたい・・・。ああそういえばWendy'sが好きだったのに日本撤退しちゃったもんね。。最終日に旦那に「食べ納めしに行こうよ!」と誘って断られた時すごい悲しかった・・・。(一人で行けって?)あー、なんか美味しいハンバーガーが食べたくなってきた。。。



●ケージの中でおとなしくしているタケ。この後すぐに出てきます。こんな状態でまったりはしてくれません。



Dsc01793



●水を飲むタケ。ステンレスの飲み口がついた上から下げるやつでは全然飲んでくれないので陶器のボウルであげてます。せっかく大型犬用のやつ買ったのに。。。しかしボウルではベロンベロンバシャバシャと飲むので口の周りが水だらけ、しかも飲み終わった後に口の周りの水をブルンブルンと振り落とすので周りもベシャベシャです。。最近飲みにくそうなので高さを出さなければ。



Dsc01795



●キッチンに埋まるタケ。うちに来た頃はこの下に完全にもぐりこんで寝ていることもしばしばあったのに、もうおしりはもう全く入らなくなった今はウンウンの前に必ずやる儀式の一つに変わりました。。(おしりを刺激してるのかな)でも頭さえも入れなくなったらウンウンはどうなるんだろう。



Dsc01803



●PCコーナーの横で勝手にお座りするタケ。ご飯か遊びの催促の時にしか来ません。



Dsc01796



週末にリビング床一面にコルクマットを敷いた。主人は「無垢のフローリングにしたいって言ってたよね・・・・?それは一体・・・?」といわれた!そりゃそうだ。あんなにこだわったのになあ。タケの威力はすごい!

パピーパーティ

2010.07.19(Mon) | EDIT

今日はこの死ぬほど暑い中、パピーパーティに初参加!



わりとたくさんのワンコが来ていた。20匹ぐらいかな。しかし大型犬の仔犬はタケゾウだけ。ほとんどが手のひらサイズもしくは両手サイズぐらいだった。訓練士さんたちも慣れたものでテキパキと進めていく。おすわりやらなんやら、歯磨き練習もしたかな。その後、会場をシャイな子チーム、普通な子チーム、元気一杯チームの3つに分割。タケゾウは元気一杯チーム。そのチームが一番少なく4匹ぐらいだったかな。



最初はリードを持ちながらクンクンさせたりして少し落ち着きが出てきた後、訓練士さんが「じゃあ、みなさんリードを離して下さい!」という指示。区切られたスペースは4畳ぐらいの広さ。タケゾウの他は両手サイズ一匹、片手サイズ二匹。ただ、タケゾウだけはリードを離させてもらえなかった。まだ他人や他犬を噛んだことないのにな。皆は自由に遊んでいる。



タケも遊びたい。訓練士さんは本当はタケを放しても大丈夫だとわかっているのだろうけど、他のワンコのパパママに気を遣っているのだ。柴犬並みの大きさのタケ。足も片手サイズのワンコの5倍以上はあるだろう。見た目が怖いのだ。大きいね、かわいいね、とは言ってくれるが、絶対リードを離さないでの視線が痛い。タケが近付こうとすると離していたリードをすかさず持つ。全然遊ばせてもらえない。



加えて、遅れてやってきた女性が「先日大型犬に追い掛け回されてなんか調子がおかしいんです」というのをうちのすぐ後ろで言っている。訓練士さんも「ここ、大型犬の子がいるから移動しましょうか?」とこれまた小声だけど聞こえてしまう。もちろん嫌味で言っているわけではないのだが、あまり聞こえて気持ちのいいものではない。大型犬とは言え、まだ仔犬。大きさで言ったら柴犬やんか!しかも柴犬は中型やろが!と思いながら、必死でタケゾウを押さえていた。そのワンコもタケにおびえているようで見えるとやたら吠える。タケを隠すしかなかった。遅れて来たんやからアンタが移動したらええやんと思いつつ。。



最後にピザが振舞われて訓練の勧誘タイムが始まったが、うちはピザを食べることもなく一番に退散。



うちに着いておしっこしてご飯食べてぐたーっ。食欲はあるけど、ハイパーなタケは今日は無かったなあ。



いい経験になった。小型犬がメジャーなのだ。土地事情もあるだろうけど。うちは荒川区だがわりと大型犬もいる。たぶんうちの周りにはそれほどマンションが乱立していないからだろう。パピーパーティはもう終わり。月齢もあるけど、これからもっと大きくなる。大型犬オンリーのパーティとかあればいいけど探している間にパピーじゃなくなるね。これからは犬舎にお伺いして遊んでもらうのがいいのかもしれない。



タケ、ごめんねを繰り返し伝えた。わかってくれてるかなあ。遊べる場所で遊べないのはつらかろうて。



パピーパーティで写真を撮りたかったが、そんな余裕も無く。。本日終了。



カブトムシ

2010.07.18(Sun) | EDIT

なんとなく臭う。



主人曰く「カブトムシのにおい」。



さすがに私はカブトムシだとは思わなかったけど、まあ、何か臭う。



そろそろシャンプーしたいとは思っていたけど、今朝はそれが決定的になった。30分ぐらい庭に出て夫婦で作業をして戻ると、ケージの中でトイレトレー以外でしてしまったおしっこが半分無くなっていた。たぶん身体に吸い取られたとみた。こりゃだめだ。お風呂へ直行。主人と一緒にタケを洗う。タケが途中で飽きてきたのか嫌になってきたのか私の肩に手を乗っけてきたので、ここぞとばかりにお腹や脇などもゴシゴシ。その体勢は洗うのも流すのもとても楽チン。



洗うより乾かす方が大変のような気がする。7割がたはがんばって乾かせたけど、もう一息っていう時に暴れだしたのでとりあえずベランダへ。いい天気だし5分ぐらいで乾かせるかもよ?と、主人が連れて行った。その間私はお風呂と洗面所をお掃除。しかし3分も経たないうちに主人がタケと一緒に戻ってきた。



「どした?」



「ウンウンした!」



洗ったばっかり~!というのは飼い主の都合。足をきれいにしてケージへ。ケージの前には扇風機。さすがこの季節だね。即乾きました。



乾ききったタケの身体は二割増ぐらいの大きさになった。やっぱりシャンプーしないと脂でしっとりしてくるのねー。フワフワのモコモコagain。超ラブリー。タケがうちに来た時のことを思い出した。もらわれてくる日の数日前にブリーダーさんがシャンプーしてくれていた。モコモコだった。



明日で生まれて満3ヶ月。



●180度横ひねり



Dsc01754



●やっぱりデカくなったよね



Dsc01764



Dsc01778



Dsc01774



掃除機

2010.07.17(Sat) | EDIT

掃除機。



一週間ぐらい前までは掃除機に反応しなかったのに、ここ数日やたらと追い掛け回すようになった。



一気に掃除が大変になる。よって掃除機をかけている間はケージに入れることにした。



これで問題が解決したかのように見えた。



違ったのだ。そう、掃除機をかけている間にウンウンをするのだ。



実際、その問題はウンウンをする行為そのものではない。



掃除機の騒音は、例えばウンウンの踊り(トイレトレーの上をクルクル回る儀式)の際のトイレトレーのカタカタする音を掻き消してしまう。こっちも掃除に集中してるからハッと無音に気付くとそう、ウンウンが見える。しかもたぶん半分以下。大型犬に限ってなのかどうかわからないが、かなりの飼い主さんが直面したことがあるだろう食糞問題。あ、やられた!と思った時にはもう遅いのだ。



私は基本的にずっと家にいる。よって、食糞はよっぽどのことが無い限り発生していなかった。というよりさせていなかった。シャワーやお風呂はウンウンが終わった後に入る。お出かけもウンウンが終わったら出かける。そうすればさすがに出した直後にはしないので安心して目を離せる。しかし、掃除機!なぜに掃除機の間!たぶん、追い掛け回すようになって、あの音には興奮するというパブロフ的なものがインプットされてしまったのだろう。見ていないからわからないが、ケージの中で興奮してつい・・・ってな感じかい、タケさんよ?



大きくなってくると治るらしいし、これまた散歩ができるようになったらまた変わってくるのかもしれないが、あと一ヶ月は無理。やっぱり毎日いろんなことが起きるね。よって、今後は掃除機もウンウンが終わった後にかけなければならない。あーめんどくさいぞ!



それと、昨日の夜はあまりにもキッチンに前足をかけるようになってきたので私の足で払いのけたら、払い所が悪かったみたいで「キャン」といってうずくまった。え?と思ってタケを見てみるとうずくまっている。ヒー! タケ?と呼んでみると立てない。少したってもう一度タケ!と呼んでみると後ろ足をひきずって歩いているではないか!!ギョエー!脱臼?骨折?なんじゃ?!と思ってしばらく様子を見てみると、しばらくおとなしく歩いていたが、そのうち走りまわっとるやないか。あー、こわかった。でも気をつけなければ。「飛びつきには目を合わせず足で払いのけましょう」と書いてあったしつけ・・・・むずかしいですねえ。。ダメ!とひたすら言う方法に変更ですな。念の為、朝も注意深く見て、くまなく触ってみたけど問題なさそうだった。数日は要チェックです。。



も一つ、先ほどリビング放牧の間、主人と追いかけっこをしている間にテレビボードの角にアタマをぶつけた。昔、妹が息子が階段の一段目か二段目から落ちたということでCTスキャンを撮りに行ったことがあったっけ。ふと思い出した。犬も痛かったら鳴くだろうと思って一応放置しているけど、大丈夫なのかなあ。。これも明日も経過観察が必要か。



赤ちゃんと一緒。問題になるまえに回避。これが一番。



○タケがうちに来た頃



Dsc01509



Dsc01501



○今のタケ



Dsc01676



ずっと一緒にいるとイマイチ大きくなっていることに実感が沸き辛いのだが、写真を並べるとよくわかるね。大きくなった。家に来てほぼ倍の大きさになったんだもんね。今まで下痢も無くずっと調子いいもんね。



おりこうちゃんだね、タケ!

プロフィール

sanagonta

Author:sanagonta
武蔵(タケゾウ)と小次郎、そして武蔵の弟子、城太郎のブログにお越しいただきありがとうございます!

●武蔵 バーニーズ
2010/4/19-2015/1/19
4歳9カ月でお空に駆け上ってしまいました。

●小次郎 バーニーズ
2011/1/29生まれ

●城太郎 ニューファンドランド
2015/3/12生まれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム