タケタン 復活への道 Part 3

2014.12.08(Mon) | EDIT

●2014/11/27 (金)
結局夜中の2時半、たまたま目覚めたのでリビングにいったら、タケが飲み水皿の前でスタンバイ。
空だったので急いでたっぷり入れてあげる。
ゴクゴク飲む飲む。ゴクゴクというのは、実際30秒以上飲んでいる状態。時々1分ぐらい飲んでいる時がある。
そりゃオチッコ溜まるわな。
水飲むのに立ち上がったので、そのままノリノリの声かけで庭へ誘導。
チッコした。
玄関あけていても自分からは出なかったのね。

最近の朝は雨もあったけど、晴れていても散歩に行きたくないというので、たった150m先の公園にパパは車で連れて行った。車なら行くのか、タケタン・・・・。何事もモチベーションは大事だよね?

11時朝ごはん。
昨日の夜のスーパーの牛肉だよ!フードをまぜたら嫌がった。牛肉だけ食べた。
牛は300gぐらい食べたかな。薬もOK。
食後冷凍馬テールのスライスを180g食べる。馬は良く食べるね。

とりあえず、具合が悪くなってから嘔吐はまだない。

昨夜、9月に血液検査をしていただいた目黒の病院の先生に電話をかけた。
電話で血液検査の結果はいただいていたのだが、その際に預けていた小次郎の血液検査ファイルと一緒に送っていただけないかとお願いしようと。
そもそも9月に目黒でお世話になったのは、ライ君への供血のクロスマッチテストの為の採血で。しかしテストの結果を待っている最中にライ君は天に召されてしまったのだ。。あれほど茫然としたことはない・・・。と、思ったら、先日病院で再び茫然とさせられた・・・・。ライ君、タケタンなんてまだ来るなと言ってくれてるよね?
こちらの先生には4月にもお世話になっていたのだが、その際、あまりの素晴らしい人柄と丁寧さ、それに飼い主の気持ちを思う姿にとても感銘を受けた。思わず勝手にお慕いしてしまっていた。
その先生にタケタンの今の現状を伝えると同時に、堰を切ったように泣けてきてどうしようもなかった。アウアウオエオエ言いながら、さぞかし先生も聞きづらかったであろう。でも先生も途中から鼻声になってしまって・・・。先生、すみません。本当にありがとうございます。

泣くのはまだ早い。確定診断もついていないのに勝手に悪い方に想像してはいけない。
ただね、痩せて元気のないタケタンを見るとね、どうして??なんで??と、もう単に単純に泣けてくるのだ。
こんなタケタン見たことないし、想像したこともなかったんだから。

そして、午後4時。運命の4時。
再び病院へ。
朝からカステラ二切れしか食べられなかった。面接や試験に向かう時に似た緊張感、いや、それよりももっとひどい気持ちが朝からずっと続いた。

まずは体重測定。食べてくれた甲斐あって、42.5kg。変化なし。
そしてレントゲン。たぶん嫌がるだろうから付き添った。初めてあの防護エプロン?を着た。
タケタンにレントゲン台に前脚をかけてもらって、よいしょ。何とか乗るが・・・侍タケタン、座りません。なんとかなだめて伏せをさせる。撮影成功。貧血のせいで動きが緩慢だったからできたんだな・・・。
そのまま採血。

そしてエコー。

肝臓に・・・・肝臓にしこりは・・・・なさそうです。脾臓も問題なさそうです・・・・。

え、ほんとですか??
いや、マジですか??

腰が砕けそうになる。

犬の肝臓は6枚の葉っぱみたいになっていて、それが重なって見えたりするときが診断を鈍らせることがあるそうなのだ。
たぶんそれだったのか・・・・。
やっぱり我らがタケタン、「ほったらかして出張に行きやがった、クソー!」と、ママを困らせたかったのか?

とりあえず待合室でレントゲン、採決結果、エコー画像の総合診断を待つ。
さっきの待合室はたぶんどす黒い空気をまき散らしていただろうが、今回は違う。とにかく肝臓さん、脾臓さんに問題がなさそうなのだ。地獄のような日々から頭一つ抜け出せた気分で、自然と笑みも出た。

そして先生に呼ばれる。

貧血が進んでいます。肝臓・脾臓に問題がなさそうなのに貧血が進んでいるということは、消化器あたりから血が流れ続けているのではないかと思います。
甲状腺の数値も悪いです。ただ、身体が戦っている時には数値が悪くなります・・・・などなど・・・。
そして、結局何が悪さをしているのかを探すためにCTを撮ることに決定。
その予約をしていただき、レントゲン画像CDやら血液検査結果などを封筒にいれていただき、薬も変更してもらって帰宅。
帰りに美味しいお肉屋さんに行こうと思ったが、病院を出たのは午後7時。長丁場だったなあ・・・。

帰宅後兄弟は死んだように眠る。私は近所のスーパーで牛肉をゲット。
お腹がすいたというのでご飯に。
一応パクパク食べてくれたが・・・・途中で止まる・・・・いや、ここで止まられたら薬まで行きつかんがな!
急遽再度スーパーに。
何を買いに行ったかというと、国産牛。食べたのを止めたのは豪州産牛肉。
国産牛を美味しそうに食べ始めるタケタン・・・・・・タケタン・・・・・・タケ・・・・・・オイ、コラ、タケ!
国産牛肉巻き薬玉も無事に食べて終了。
パパが帰ってきて更に馬肉ぶつ切りも食べた。

何も言うまい。うん。

●2014/11/29 (土)
法事で長野の中野市へ。
貧血や得体のしれない病気が心配であったが、とりあえずCTまでは何も動けないのと、気分転換にと思い、出発。
ひん尿が気になるのでこまめに休憩を取る。絶対にタケタンに無理はさせないように。騒がず静かな旅行にしようと決める。

まず、現地について朝一番で向かったのは精肉店。
赤身が欲しいんです。
どうやって食べますか?しゃぶしゃぶ?焼肉?薄切りだとこのお肉、厚切りだと、これがなんたら・・・・。
あの、すみません、本当に本当に失礼な話なのですが・・・・うちの犬がちょっと病気で・・・・今、国産牛肉しか・・・・・。
あら、そうなの?!うちもトイプーがいてね~!
というわけで、とても快く美味しそうな信州りんご和牛を買わせていただくことができた!

現地は午前中雨だったが、昼から晴れる。良かった。
1時間毎にオチッコに連れて行っていたのだが、車の中で初めての粗相。ごめんね、タケタン。
ただ、Mr. Macさんのカーシート、確か防水ではないのだが、生地がしっかりしているために全てのオチッコを受けとめてくれていた。感動、感謝!!

午後はお墓参り、その後ペンションへ。
木島平のスキー場の中腹にあるBIG FORESTというペンション。とにかく玄関出たらスキー場なのでタケタンもうれしそうだ。雪のない営業期間外のスキー場は、場所によっては背の高い雑草が生えているところがあるが、ここはほぼ芝生に近い状態だったので犬達は本当にうれしそうだった。

これまでに経験したことのない回数のオチッコに出す。
夕方6時、8時、10時、12時半、3時半、6時。
ほぼ3時間おきだ。

食欲もバッチリ、薬もOK。自由運動させていたが、時々うれしそうに少し走ったりしていた。

●2014/11/30 (日)
無事に長野を出発。帰りはららん藤岡でまたしても肉。上州肉ですぜ。そして野菜もゲット。
夕方早めに帰宅。
明日のCTの為に、夜9時までに食事を終わらせて、朝6時で水もストップ。
さて、明日に備えてゆっくり休めよ、タケタン。

●2014/12/1 (月)

緊張すると指先が冷たくなるなあ、ワシ。

朝8時出発。向かうは埼玉のキャミックさん。
受付~タケタンお預け~説明~帰宅。
説明では麻酔がどのぐらいの時間かかって、目覚めるのはこれぐらいだが、甲状腺の数値が悪い子は目覚めに時間がかかることが多いので・・・とのこと。
具体的に「時間がかかる」というのはどのぐらいのことをいいますか?
なんともいえません。
目覚めないこともありますか?
私の経験上ではありませんが、100%無いとはいえません。
そんなやりとりをした。苦しかった。
予定では1時半~2時頃のお迎えになりそうとのこと。
家から病院まで20分ちょいだから自宅待機にした。

12時過ぎ、見知らぬ番号からの電話、なんだこの中途半端な時間は??少し手が震える。

タケゾウくん、麻酔から覚めるのが早かったので、お迎えお願いできますか?

さすが、漢・武蔵。侍タケタン!
ちょっと早すぎて、ママすごくこわかったYO!

まずはCTの画像説明を受けて、タケタンと再会。
採血の場所にピンクの包帯つけてた。ウキウキ笑顔で戻ってきた!そして待合室の匂いを嗅ぎまくっていた。オイ!

貧血は少し改善。
PCV(HCTヘマトクリット)の推移はこうだ。ちなみに正常範囲は37~55%。
4月22日 : 46.9%
9月22日 : 40.2%
11月22日 : 30.3%
11月28日 : 23.7%
12月1日 : 28.4%

牛のおかげです・・・・か?

CTの費用は次の通り。

CT検査(1部位)40 kg 以上 : 41040円
CT追加検査 7560円 x 5 : 37800円
CT造影剤 40kg以上 : 25920円
採血料 : 1080円
CBC検査 : 2160円
点滴処置 20kg 以上 : 2160円
処置料 : 1080円
酸素室 10kg以上 : 3240円
-------------------------------------
合計 : 114,480円

ちなみにアニコム70%の保険に入っているが、通院の場合の一日限度額は14000円なので、10万円は自己負担であります。
腎臓にちょびっと梗塞っぽいものがみつかった以外はとにかくきれいな内臓であった。腫瘍らしきものがなく、内臓の腫れもない。股関節も問題なかった。
時間をかけて一つずつ消去法をやっていくより、一発で胸からお尻までの内臓の状態がわかったのだから、この10万円は価値のあるものだ。うん。

夕方5時過ぎ、お腹すいたというのでご飯。
昨日届いた馬肉。馬刺しを作る際にできたトリミングの冷凍したものの半解凍を500g。
ペロリと食べた。
よし、このまま国産牛肉巻き薬玉だ!

えっ・・・・。

牛肉は嫌だと、上州肉はいやだと・・・・。

昨日、散々同じ肉食べたじゃねーか。
上州がダメなんですか?松阪ならいいんですか?
国指定の次は、産地指定ですか?

COSTCOに行ってアメリカ産牛肉(たぶんプライムのほうにしなければなるまいな)をゲットして試してみたいが・・・1ロットがデカすぎるし・・・・まあ、食べなきゃ人間が食べればいいのか。よし、COSTCOに近日中に行ってみよう!

結局この日は完全に薬を嫌がった。飲ませられなかった。

それにしても、長い長い地獄の10日間だった。
先生のたった一言で、飼い主はいとも簡単に地獄に突き落とされるのだ。

癌と戦うブログを見て、獣医さんのサイトを見て、手術のサイトを見て、サプリのサイトを見て、外科手術の評判を探し、病院の設備を調べ、これからどうなっていくかを調べ、これからどうやって接するかを考え・・・・・気付くと涙、タケタンを見て涙、そして胸が苦しくなる・・・・そんな日々であった。

今までそんな苦しみを人生において味わったことがなかった。初めての経験である。
タケタンにも、病院に預ける、麻酔をかけるといった苦しみを与えてしまった。
私の苦しみはどうでもいいが、もうタケタンに苦しみを与えたくない。

振り出しに戻ってしまった感のあるタケタンの原因不明の貧血であるが・・・・とりあえず薬で様子をみることとなった。

●2014/12/2 (火)
朝すごく歯茎が白い。恐ろしい。
先生曰く、レバーだの鉄分多めの生肉だろうが、造血剤(薬)のそれとは雲泥の差とのこと。
だから薬のもう、タケ。

昨夜パパがお客様と夕食で会社に車を放置して帰ってきたから、今朝は会社まで送りに行って、その後ランに行くことにした。昨日はウンウン出てないからね・・・。

ランでのウンウンはやっぱり緩い。濃いカーキ色とでもいうのか、黒っぽいこげ茶というか・・・。固体は10%ぐらいで、あとは軟便というやつ。水様便ではなかったが・・・。
散歩はうれしがる。雨上がりでドロドロのランは排泄目的だけで、その後芝生をゆったり散歩のつもりが、なんか太陽の下では歯茎や舌の白さが際立って見えてしまって、なんだか怖くなって20分ぐらいで帰宅することに。

朝ごはんに馬肉(トリミングの残り)をあげようとするも拒否。冷凍馬ぶつ切りは150gぐらい食べたかな。牛肉はやっぱりイヤとのこと。
とうとう牛肉さんともお別れなのか・・・?

お昼は・・・焼いた鶏肉・・・・食べたよ。しかも美味しそうに。
あれか、牛肉の毎日だったから飽きたんだな??そうなんだな??

ということで、夕食はとんかつ用の豚肉だよ。挑戦だよ。
細かく刻んだにんじん、安納いも(家にじゃがいもが無かった)、白菜を柔らかくなるまで鍋で煮る。1.5L分ぐらいの野菜スープにブイヨンを1個だけ投入。にんじんは「ニオイが少ない」と書いてあるものをチョイスしました。タケタン、にんじん嫌いです。なので念には念をでブイヨン投入なのです。
そして、フライパンで一口大に切った豚肉600gを焼く。最初は水分が出てくるが、ずっと焼いてると油だけになって少し焦げ目がついてきた。そこにほんのちょっとの鎌田のダシ醤油。
ブイヨンスープにダシ醤油かよ?と思われるでしょうが、食べてもらわないとゴミになるのです。貧血のタケタン、痩せたタケタンにはとにかくおいしそうな香りのご飯なのであります。

もうね、涙ちょちょぎれるぐらいガツガツ食べてくれましたよ!いつもは野菜を残しがちのタケタンですが、最後までペロリでしたよ!
そして、そこからが本当の攻防戦です。そうです、薬です。
朝も失敗したからね、今日はカステラ巻きです。しかも薬はオブラートに包みました。ニオイ漏れを防ぎます。
そして、掛け声は「おいしいよ、小次郎君がきちゃうよ!早く食べよう!」です。
ママ、今夜は勝利しました。ビバ、オブラート!
看護も少し楽しもうと思いました。

今現在、タケタンは元気があまりない状態が続いています。
いつもニコニコしていたのが、今は30%ぐらいになり、尻尾も時々しか振りません。
小走りはできますが、貧血なので基本的にはさせてません。自由運動で自らするときには制止はしていませんが。。
宅急便などの玄関のピンポーンにはいつも通りバウワウ吠えて反応します。これをしなくなったら本当に恐怖です。
それと、一応1日2回の食事は出来ています。今は完全手作りです。フードを少しでも混ぜると全部を食べなくなってしまうので・・・・。

そうだ。
昨日調べ物の最中に見つけた言葉。。

「幸せは あなたの名前 呼べること」


関連記事

Category: 武蔵&小次郎

10:38 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

sanagonta

Author:sanagonta
武蔵(タケゾウ)と小次郎、そして武蔵の弟子、城太郎のブログにお越しいただきありがとうございます!

●武蔵 バーニーズ
2010/4/19-2015/1/19
4歳9カ月でお空に駆け上ってしまいました。

●小次郎 バーニーズ
2011/1/29生まれ

●城太郎 ニューファンドランド
2015/3/12生まれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム