タケタン 復活への道 Part 5

2014.12.09(Tue) | EDIT

●2014/12/9 (火)
朝も早よから元気な時と、ちょっとそうでもない時がある。
歯茎の色はもうあまり時間によっての変化は見られなくなったが、だからといって健康的な赤みがかったピンクというわけではない。
貧血って慣れるもんじゃないのかな。

もしそうだとすると、貧血の始まった週というのは、本当に貧血が始まった時なのだろう。徐々に、ではないのだと推測される。となると、血便も急激に始まったものなんだろう。

なかなか赤み、戻ってこないなあ。。。

今日はご近所スーちゃんのパパさんがタケタンにめちゃめちゃ立派なステーキ肉をもってきてくれた!
タケタン、食べる食べる!!まずは一枚をペロリ。
最近牛肉が怪しかったのだが、なんだ、美味しい肉は食べるんだよな。
オッサン、ありがとう!!!

先日のシャンプーもあるが、結構食べているからちょっと肉付きが良くなってきているような気がする。
ご機嫌も連日いいので、病気じゃないんじゃないかとふと思ってしまう。

今日のご飯はアボダーム プラス 小粒。
ナチュラルバランスもネイチャーズバラエティもいやだと。

●2014/12/10 (水)
またまたスローな朝。低血圧なんですぅ的女子みたいな感じ。
家の中が寒いのかな。2Fの居住区は平均15度ぐらいなんだよね。。それでも1Fのタイルの上とか、下手すると外でご就寝されていることもある。いいのかね?

今日もタケタンご飯はアボダーム。
タケタンが試食拒否したご飯を小次郎に食べてもらってる。小次郎は、いろんなご飯を食べれるのがうれしいらしい。タケタンに新種のご飯が投入されると、いつもうらやましそうに見ているからね・・・。そして全く下痢を起こさない。親孝行な息子。

今日はレバーを食べたね。ガツガツと。
牛、馬を交互に食す感じかな。。生、冷凍(生)、焼きもその時々によって好みが変わる。
こんなわがままにさせていていいのか・・・・?

●2014/12/11 (木)
朝ごはんはオッサンのステーキ肉200gとアーテミス アガリスク 小粒を200g。健康時の普段はこんなに食べないんだけどね。


++++++++++++++++++++++++


ここからは、あまり状況の変化にいい意味でも悪い意味でも変化の少ないタケタンなので、日記形式はストップ。


++++++++++++++++++++++++


とりあえず、最近のタケタンは偏食があり、タイミングもあり、軟便も続いておりますが、総体的には元気な感じで過ごしてます。
病院も週一で通っており薬もなんとか飲んでますが、相変わらずヘマトクリット・赤血球系の数値が上がっていません。といって、劇的に下がるわけでもなく、こんな感じであります。

DSC_0752.jpg

ご飯は相変わらずアボダームプラス小粒。それと、ディアラさんの馬肉パーフェクトプラス(冷凍・小判型)をお気に召したようでこれも食べてます。


気分転換に週末はゆっくりペースで出かけてるよ。
久しぶりの写真。

先々週の浅間。

DSC05538.jpg

DSC05500.jpg


先週の那須。

DSC05580.jpg

DSC05609.jpg

DSC05619.jpg

DSC05634.jpg

DSC05665.jpg

DSC05649.jpg


これは小次郎君。
両前脚にかつてない大きさの雪玉が・・・・。
DSC05677.jpg


スーちゃんちと一緒の忘年会+クリスマスパーチー。

ケーキには真剣!(だったらご飯を真剣に食べてほしいよ)
DSC05710.jpg


そして、今日から薬の内容が大きく変わった。

昨日までの二週間はシクロスポリン(免疫抑制剤)などの薬だったが一向に変化のないタケタンなので、いっそのことそっち系の薬をやめてみて、大腸炎を治すほうの薬に切り替えることにした。甲状腺は引き続き、それとステロイドは一日一錠(0.5錠 x 2)を半錠を一日一回のみにして、一週間後に完全休止。
どうも便の調子が全くよろしくないので、大腸を疑ってみることにする。
実は未だに原因不明で病名のつけられない状態であります。

■投薬内容12/25~ 下記を1日2回
サラゾピリン 500mg   1.5錠   潰瘍性大腸炎、限局性腸炎、非特異性大腸炎の治療
フェロミア 50mg     1錠    貧血改善(便が黒くなることがある)
SOLOXINE 0.6mg     1錠    甲状腺低下症
プレドニゾン 20mg    0.5錠(1回のみ)   West-ward 477 ステロイド (一週間後休止)


薬は肉巻きオブラート薬玉を卒業(かなり嫌がる・・・)し、現在は同じく嫌がりますがチーズ玉に変更になりました。
前も書きましたが、元々タケタンはチーズ大好きであります。ただ、貧血を発症してからチーズを極端に嫌がるようになりました。よって、チーズ薬玉なんてありえなかったのです。
しかもフードの上に何かを投入(肉なども含めて)するのもイヤがるようになってしまって、薬をそっと置いてみるだの、フードにまぜるだの、そんなことしようもんならフードごと拒否するので本末転倒となってしまいます。
よって、別に食べさせる必要があり、何度も苦戦を強いられております。

今も手に何かをもってタケタンに近づくと、まずは寄ってくるまで待ちますが、旦那が後ろに回ってホールドしはじめると逃げます。忍者です。
で、私は口をこじ開けて喉の奥の方にチーズ玉を入れ込みます。そして食べ終わるまで口を閉じさせながら上向きに顔をホールド。大変なのであります。。。

今後だが、この薬を二週間続けてみて変化を確認。
途中様子がおかしくなったらすぐに診察することにはなるが・・・そうならないことを期待して・・・。
ヘマトが上がってきたら大腸炎系の病気だろうと。
ヘマトが変化なしの場合は腸炎系ではなく免疫系の可能性があるということで、大学病院に行くことにした。(一応予約済み。)
でもなー、免疫系の薬が全然効いてこなかったんだよね・・・・。先生も判断にいろいろ困っているようです。


前にも書いたと思うが、夏~秋の間、近所の学校の建て替えで解体+基礎工事がずっと行われていた。
しかも、朝8時半~夕方6時ぐらいまで、ずっと家が小さな地震状態で、タケタンはずっと怯えて落ち着かず、ほんとに嫌がっていた。
そういうストレスでも大腸炎というのは起こるようなんだよね。もしかしてほんとはこれが原因なのか?と思ったりもする。
ただ、出張前にはそれも一段落して家も揺れなくなったので、こんなに遅くに症状が出てくるものなのか?とも。
それと、9日間のお留守番ね・・・。
まあ、タケタンは繊細なところがあるからな、そのへんは微妙なところ。。


あーあ、ほんと一体原因はなんなんだ、タケタン!

でもこんな貧血状態の低空飛行なのに、体重も42kgキープで良くがんばってくれてるなあ。
やっぱり日頃体力・筋力はつけておくべきだなと痛感する。病気になるといきなり体力が低下するもんね。


さて、年末年始が始まるよ。

この冬はゆーっくりのペースで遊ぼう、タケタン!

関連記事

Category: 武蔵&小次郎

18:10 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

sanagonta

Author:sanagonta
武蔵(タケゾウ)と小次郎、そして武蔵の弟子、城太郎のブログにお越しいただきありがとうございます!

●武蔵 バーニーズ
2010/4/19-2015/1/19
4歳9カ月でお空に駆け上ってしまいました。

●小次郎 バーニーズ
2011/1/29生まれ

●城太郎 ニューファンドランド
2015/3/12生まれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム