タケタン 復活への道 Part 5

2014.12.09(Tue) | EDIT

●2014/12/9 (火)
朝も早よから元気な時と、ちょっとそうでもない時がある。
歯茎の色はもうあまり時間によっての変化は見られなくなったが、だからといって健康的な赤みがかったピンクというわけではない。
貧血って慣れるもんじゃないのかな。

もしそうだとすると、貧血の始まった週というのは、本当に貧血が始まった時なのだろう。徐々に、ではないのだと推測される。となると、血便も急激に始まったものなんだろう。

なかなか赤み、戻ってこないなあ。。。

今日はご近所スーちゃんのパパさんがタケタンにめちゃめちゃ立派なステーキ肉をもってきてくれた!
タケタン、食べる食べる!!まずは一枚をペロリ。
最近牛肉が怪しかったのだが、なんだ、美味しい肉は食べるんだよな。
オッサン、ありがとう!!!

先日のシャンプーもあるが、結構食べているからちょっと肉付きが良くなってきているような気がする。
ご機嫌も連日いいので、病気じゃないんじゃないかとふと思ってしまう。

今日のご飯はアボダーム プラス 小粒。
ナチュラルバランスもネイチャーズバラエティもいやだと。

●2014/12/10 (水)
またまたスローな朝。低血圧なんですぅ的女子みたいな感じ。
家の中が寒いのかな。2Fの居住区は平均15度ぐらいなんだよね。。それでも1Fのタイルの上とか、下手すると外でご就寝されていることもある。いいのかね?

今日もタケタンご飯はアボダーム。
タケタンが試食拒否したご飯を小次郎に食べてもらってる。小次郎は、いろんなご飯を食べれるのがうれしいらしい。タケタンに新種のご飯が投入されると、いつもうらやましそうに見ているからね・・・。そして全く下痢を起こさない。親孝行な息子。

今日はレバーを食べたね。ガツガツと。
牛、馬を交互に食す感じかな。。生、冷凍(生)、焼きもその時々によって好みが変わる。
こんなわがままにさせていていいのか・・・・?

●2014/12/11 (木)
朝ごはんはオッサンのステーキ肉200gとアーテミス アガリスク 小粒を200g。健康時の普段はこんなに食べないんだけどね。


++++++++++++++++++++++++


ここからは、あまり状況の変化にいい意味でも悪い意味でも変化の少ないタケタンなので、日記形式はストップ。


++++++++++++++++++++++++


とりあえず、最近のタケタンは偏食があり、タイミングもあり、軟便も続いておりますが、総体的には元気な感じで過ごしてます。
病院も週一で通っており薬もなんとか飲んでますが、相変わらずヘマトクリット・赤血球系の数値が上がっていません。といって、劇的に下がるわけでもなく、こんな感じであります。

DSC_0752.jpg

ご飯は相変わらずアボダームプラス小粒。それと、ディアラさんの馬肉パーフェクトプラス(冷凍・小判型)をお気に召したようでこれも食べてます。


気分転換に週末はゆっくりペースで出かけてるよ。
久しぶりの写真。

先々週の浅間。

DSC05538.jpg

DSC05500.jpg


先週の那須。

DSC05580.jpg

DSC05609.jpg

DSC05619.jpg

DSC05634.jpg

DSC05665.jpg

DSC05649.jpg


これは小次郎君。
両前脚にかつてない大きさの雪玉が・・・・。
DSC05677.jpg


スーちゃんちと一緒の忘年会+クリスマスパーチー。

ケーキには真剣!(だったらご飯を真剣に食べてほしいよ)
DSC05710.jpg


そして、今日から薬の内容が大きく変わった。

昨日までの二週間はシクロスポリン(免疫抑制剤)などの薬だったが一向に変化のないタケタンなので、いっそのことそっち系の薬をやめてみて、大腸炎を治すほうの薬に切り替えることにした。甲状腺は引き続き、それとステロイドは一日一錠(0.5錠 x 2)を半錠を一日一回のみにして、一週間後に完全休止。
どうも便の調子が全くよろしくないので、大腸を疑ってみることにする。
実は未だに原因不明で病名のつけられない状態であります。

■投薬内容12/25~ 下記を1日2回
サラゾピリン 500mg   1.5錠   潰瘍性大腸炎、限局性腸炎、非特異性大腸炎の治療
フェロミア 50mg     1錠    貧血改善(便が黒くなることがある)
SOLOXINE 0.6mg     1錠    甲状腺低下症
プレドニゾン 20mg    0.5錠(1回のみ)   West-ward 477 ステロイド (一週間後休止)


薬は肉巻きオブラート薬玉を卒業(かなり嫌がる・・・)し、現在は同じく嫌がりますがチーズ玉に変更になりました。
前も書きましたが、元々タケタンはチーズ大好きであります。ただ、貧血を発症してからチーズを極端に嫌がるようになりました。よって、チーズ薬玉なんてありえなかったのです。
しかもフードの上に何かを投入(肉なども含めて)するのもイヤがるようになってしまって、薬をそっと置いてみるだの、フードにまぜるだの、そんなことしようもんならフードごと拒否するので本末転倒となってしまいます。
よって、別に食べさせる必要があり、何度も苦戦を強いられております。

今も手に何かをもってタケタンに近づくと、まずは寄ってくるまで待ちますが、旦那が後ろに回ってホールドしはじめると逃げます。忍者です。
で、私は口をこじ開けて喉の奥の方にチーズ玉を入れ込みます。そして食べ終わるまで口を閉じさせながら上向きに顔をホールド。大変なのであります。。。

今後だが、この薬を二週間続けてみて変化を確認。
途中様子がおかしくなったらすぐに診察することにはなるが・・・そうならないことを期待して・・・。
ヘマトが上がってきたら大腸炎系の病気だろうと。
ヘマトが変化なしの場合は腸炎系ではなく免疫系の可能性があるということで、大学病院に行くことにした。(一応予約済み。)
でもなー、免疫系の薬が全然効いてこなかったんだよね・・・・。先生も判断にいろいろ困っているようです。


前にも書いたと思うが、夏~秋の間、近所の学校の建て替えで解体+基礎工事がずっと行われていた。
しかも、朝8時半~夕方6時ぐらいまで、ずっと家が小さな地震状態で、タケタンはずっと怯えて落ち着かず、ほんとに嫌がっていた。
そういうストレスでも大腸炎というのは起こるようなんだよね。もしかしてほんとはこれが原因なのか?と思ったりもする。
ただ、出張前にはそれも一段落して家も揺れなくなったので、こんなに遅くに症状が出てくるものなのか?とも。
それと、9日間のお留守番ね・・・。
まあ、タケタンは繊細なところがあるからな、そのへんは微妙なところ。。


あーあ、ほんと一体原因はなんなんだ、タケタン!

でもこんな貧血状態の低空飛行なのに、体重も42kgキープで良くがんばってくれてるなあ。
やっぱり日頃体力・筋力はつけておくべきだなと痛感する。病気になるといきなり体力が低下するもんね。


さて、年末年始が始まるよ。

この冬はゆーっくりのペースで遊ぼう、タケタン!

Category: 武蔵&小次郎

18:10 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

タケタン 復活への道 Part 4

2014.12.08(Mon) | EDIT

●2014/12/3 (水)
相変わらず朝の歯茎は白いよ・・・・。
パパの朝の散歩。ずっと拒否気味だったが、今日は放置して小次郎だけを連れて行こうとしたら「ボクも行く!」とのことだったので、連れて行った。
散歩でオチッコしたとのことだったので、夜中玄関を開けているがその間はしなかったのだろうな・・・。
水を飲む量も少し減ってきた。ステロイドが一回半錠(一日1錠)に減ったからなのか?
水を飲む量が減ったのなら、もう少し血液が濃くなってきてもいいんじゃないのか?
素人が小手先の情報だけで判断するのはバカだとは思うのだが、とにかく心配である。。。

毎朝、タケタンを探して、お腹が動いているかどうか(呼吸しているか)と歯茎の色を確認するのが日課・・・・・。

今朝、久しぶりに朝ママのお腹に座ってくれた。
そしてそのまま横になって伸びをしてた。
これはタケタンが元気だった時によくやってくれた朝の挨拶なのである。
もう、ものすごくうれしくて。このまま起きずにタケタンの重みを感じていたかったなあ。

朝ごはん、12時半だったが、今日は昨日のスープの残りに鶏のモモ肉を一口大で焼いてあげる。
がっついて食べた。野菜のほうは残したけどね・・・。
薬はオブラート+豚肉巻き。普通にあげたら食べなかったので、上あごをもって口をあけさせて、口に放り込んで喉をさすってあげた。全部食べた。良かった~~!!実は口をあけて放り込むというやり方はやったことがなかったのだ。今まで薬はチーズでくるんであげていたからね・・・。やり方を教えてくれたお友達に感謝。

すごく痩せてきてるように見える。シャンプーしてないからかな。
薬が合ってないんじゃないかな。
このままペタンコになりそうな勢いなんだけどな。。
明日の診察でたくさん質問しよう。。。メモしていこう。。

夕方の散歩でやっと昨日の朝ぶりの便。
形になってたし、色も悪くなかった。まだまだ固くはないけどね。
明日先生に見せよう。
散歩中、おやつをくれる飼い主さんたちにタケがねだる。ねだる。ねだる。しつこい。
そんなに食べたいのなら家でご飯食べよう!いい傾向・・・だよね。

夜ごはんは最後の野菜スープの残りと豚・鶏ミックス焼き。
野菜スープにブロッコリーの新芽をいれた。これがまずかったらしい。
肉も半分ちょいぐらいしか食べてくれなかった。
その代わり冷凍馬肉を300gぐらい食べてくれたかな。

ご飯はむずかしいなあ・・・・。

●2014/12/4 (木)
今朝の歯茎はちょっとマシだ~。
朝から病院。
採血の結果は、白血球が標準域に戻って、ヘマトクリットが26.9%。CTの時よりも少し下がったが、その他数値がだいぶ平常値に戻ってきたよ。体重も変わらず42kg。痩せたと思ったけど減ってはなかった。
甲状腺の数値も少し戻ってきた。
院内でも元気。
いい傾向なのかな・・・。腫瘍の疑いは一応無くなったけど、その他の病気の可能性はまだまだ消えてない。

朝ごはんは、黒豚の分厚いロース肉を小さめの一口大に切って焼いたもの。キャベツがいやだったのか、半分も食べない。
馬肉は200gぐらい食べたね。
薬もなんとか飲んでくれた。

夜ごはんは・・・・もうネタがないよ・・・・。
そうだ、ドライフードに飽きたのかと思っていろいろ買ったんだった。合計9種類。
今日はどーんと全部あけてみて、試食大会やってみるか。ダメ元で。
IKEAのKIDS用のプラカップに少しずついれて順番に食べさせてみる。
一皿・・・二皿・・・・五皿・・・・九皿・・・・・あれ、全部食べるじゃん・・・・・・・汗
なんだ、今度はあれか、手作りに飽きたというのか???

まあいい、よし、このノリのまま食べてもらうよ!
いつものご飯皿にドライフードをいれて、朝の残りを細かくしたものをスープにしたものをかけてあげる。
半分ぐらいたべる。そしてストップ。
ちょっと思うところがあり、ドライだけをもう一度手皿で食べさせてみる。食べる。
よし、残りは小次郎にまかせてお皿をきれいにしてもらう。(これを見込んで小次郎には最初は少しのご飯にしている・・・)
そして、きれいになったお皿にもう一度ドライだけをいれてみる。食べる。
手作りが負けた・・・。でも食べてくれた!
やったー!
これでとりあえずカロリーが確保できそうだ。
手作りが負けようが、とにかくタケタンがご飯を食べることが大事。またドライに飽きたらいつでも作ってあげるよ。

明日はどうなるかな。
なんとなくだんだん元気になっていってる気がする。気のせいかな。。
このままいつものタケタンに戻れ!

●2014/12/5 (金)
どうしたタケタン、朝から何も食べないよ。。
今はもう夕方6時。

お昼はタイヤ交換にお出かけした。交換の間散歩したけど、そこでは元気だった。公園でお水も飲んだ。
20分ぐらいのお散歩だったけど、疲れちゃったの?

朝は2日ぶりの便。2回に分けてしてあったけど、1回目は少しこげ茶、2回目は通常色。どちらも少しゆるめではあったけど。。
食べないと元気も便も出ないよー。薬も飲めないよー。心配だよー。
パパが帰ってきたら元気になるかなー。

午後8時過ぎ、やっと寝室から出てきた。
今日は寝てばかりだったね、タケタン。
ご飯食べたいというので、今日はドライフードオンリーを190g。これは元気だった頃のいつもの分量。
その30分後、ワンワンと吠えるのでオチッコかお腹すいてるのかきいたら、お腹すいたというので冷凍馬肉を250g強。
今日はこの一食だからね、明日はもうちょっと食べてくれるといいね。
パパは関係なかったようである・・・・。

●2014/12/6 (土)
あれからずっと玄関開けて寝てます・・・・。
オチッコの回数は減っているので大丈夫かもしれないけど、したい時があるかもしれないので、念のためにね。
粗相がイヤなわけじゃないんです。粗相をしてしまってゴメンナサイという顔をタケタンにさせてしまうのがイヤなのです。

久しぶりにゆっくり目の朝を迎える。タケタンに起こされる。幸せ。
宅急便が来る。元気よく吠える。うるさいけど幸せ。
パパとの散歩にウキウキで出かける。うれしい。
帰ってきてご飯を平らげる。超うれしい。(ドライ200g・ネイチャーズバラエティ instinct row boost チキン&ラム)
オブラート+生肉巻き+焼肉添えの薬を食べる。やった!
冷凍馬肉は今朝はいらないとのこと。
しかし馬系のおやつは食べる。チーズ系・牛レバー系はイヤとのこと。
そうですか・・・・。

夜はまたまたドライフード200g、そして牛のすね肉の冷凍ぶつ切りを200g。食べるねえ・・・。
パパに薬をまかせてみて・・・・問題なし!

明日はどこへ行こうか。

●2014/12/7 (日)
夏を終え、少しサボっていた水泳だが、ここへきて小次郎君に影響が出始めた。後ろ足が少しもつれる感じなのだ。
これはまずいなと今日はプールに行くことに。

千葉・勝浦の里杏さん。なかなか大きくて深いプールだったよ。ご近所のスーちゃんも一緒に行った!
今月はキャンペーン中で入会金がお安くなっています。利用料も800円!!

しかし、今回は少し気分の悪いことがありました。
小次郎はレトリーブしてくれるので、とにかくおもちゃが必須。
ところが、泳ぎの好きなある犬種の子がいて、小次郎のおもちゃを全て横取りしていく。他人のおもちゃが好きな子はたくさんいる。タケタンもたまにそういうこともする。しかし、必ずすぐに取り上げて、飼い主に謝って返す。これ、普通のことだと思っていたが、他のプールでも、全くそういうそぶりを見せない飼い主がいる。
あれですか、うちの子は他の子のおもちゃをすぐにもっていっちゃうの~!という、あるある話のネタで終わってますか?体力有り余って冬にもプールに行く子はたくさんいるでしょう。でも、中にはリハビリや筋肉維持・増強のために理由があって通う子もいるわけです。こちらは真剣に泳がせているわけです。奪うのは問題ありません。ただ、すみませんと一言言って返して下さい。
ちなみに、以前他のプールでは、そのまま他人のおもちゃで遊んでしまう飼い主もいましたし、自分の犬の口からおもちゃを奪えなくて(噛まれるのが怖い)、ずっとうろたえている飼い主も見たことあります。それに、おもちゃを返そうとグイグイおもちゃを口から引っ張って、こりゃ壊れるなと思ったことも何度もあります。
今回の飼い主さんはご夫婦でしたが、犬のおもちゃをひとつも持ってきていなかったようで、ずっとプールサイドで傍観していました。文句を言ってやろうかと思いましたが、たぶん言われる意味もご理解できないだろうと思ってやめておきました。

タケタンはというと、最初は相変わらず自分で入水、少し泳いで後はプールサイドをタッタカタッタカと。何故かご機嫌さん。
というか、本日は終始ご機嫌さん。座りこむこともなく、目をキラキラさせて、おやつもご飯も食べる食べる。
貧血があるからプールでは無理させず、すぐにシャンプーして乾かしたものの、なんか物足りなさそうな雰囲気。
帰宅後も動きも軽く、なんだか普通のタケタンの様子に、パパが思わず、やっと家の中が明るくなってきたね、と。

タケタン、貧血もご機嫌も治ってきましたか・・・?

ご飯も2回、ドライフードを平らげ、おやつも食べて、薬も飲んで今日は無事に終了。

●2014/12/8 (月)
朝の散歩、今日はタケタンだけ行ってきた。小次郎はお疲れの様子。
ウンウンはまだまだ少し緩いのが心配・・・。

朝ごはんは午後2時前ぐらいだったか。
今日は兄弟共にグースカ寝ていた。小次郎は水泳特訓、タケタンはお出かけが効いたかな。
タケタンはドライフードを1/3ぐらい。肉巻き薬玉は食べてくれたよ。

その後は引き続きのご機嫌さんで、歯茎は相変わらずまだまだ白っぽいのだが、今日はPCに向かうママの肘を鼻で何度も突き上げて「おい、ババア、パソコンなんてやめろ!」って。いつものタケタンが戻ってきたー!!
目をキラキラさせて、やめろやめろ!って。ハイハイ、今すぐやめちゃいますよ!

夜ごはんは何と要求してきましたよ。口元をペロペロさせて、ママー、ご飯ーって。
しかしここ数日食べてくれていたネイチャーズバラエティは嫌だと。
先日の試食袋の中から今日お食べになられたのはナチュラルバランス ホールボディヘルス チキン。
基本的にドライフードのチョイスはThe Whole Dog Journalというアメリカの犬の冊子で一年に一度推奨フードというリストが出るので、そこから選んでます。

しかし、毎日味覚が変わるのか、タケタン。
今日は焼きレバーもいらないと言ったな。
鶏を焼いたものもいらないと言ったな。
難しいな、タケタン。

でも、毎日一つずつ以前のタケタンが戻ってきている。
これ以上にうれしいことはない。



なかなか詳しいことをお友達には言えなかった。
特に一番仲のいいド近所のスーちゃん家。
たぶん「タケタンがね・・・」と言い始めたら、もうそれだけで話にならなくなるのは目に見えていた。
それと、タケタンは復活してくれるという根拠のない自信。
笑って話せるまでもう少し待ってね、と心の中で思っていた。

そして、ちょっとやっとタケタン復活の兆しが見えてきたので、書きためていた日記も公開することにした。

今週金曜日にまた血液検査で病院に行きます。
完全復活まで引き続きよろしくお願いします!




Category: 武蔵&小次郎

10:39 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

タケタン 復活への道 Part 3

2014.12.08(Mon) | EDIT

●2014/11/27 (金)
結局夜中の2時半、たまたま目覚めたのでリビングにいったら、タケが飲み水皿の前でスタンバイ。
空だったので急いでたっぷり入れてあげる。
ゴクゴク飲む飲む。ゴクゴクというのは、実際30秒以上飲んでいる状態。時々1分ぐらい飲んでいる時がある。
そりゃオチッコ溜まるわな。
水飲むのに立ち上がったので、そのままノリノリの声かけで庭へ誘導。
チッコした。
玄関あけていても自分からは出なかったのね。

最近の朝は雨もあったけど、晴れていても散歩に行きたくないというので、たった150m先の公園にパパは車で連れて行った。車なら行くのか、タケタン・・・・。何事もモチベーションは大事だよね?

11時朝ごはん。
昨日の夜のスーパーの牛肉だよ!フードをまぜたら嫌がった。牛肉だけ食べた。
牛は300gぐらい食べたかな。薬もOK。
食後冷凍馬テールのスライスを180g食べる。馬は良く食べるね。

とりあえず、具合が悪くなってから嘔吐はまだない。

昨夜、9月に血液検査をしていただいた目黒の病院の先生に電話をかけた。
電話で血液検査の結果はいただいていたのだが、その際に預けていた小次郎の血液検査ファイルと一緒に送っていただけないかとお願いしようと。
そもそも9月に目黒でお世話になったのは、ライ君への供血のクロスマッチテストの為の採血で。しかしテストの結果を待っている最中にライ君は天に召されてしまったのだ。。あれほど茫然としたことはない・・・。と、思ったら、先日病院で再び茫然とさせられた・・・・。ライ君、タケタンなんてまだ来るなと言ってくれてるよね?
こちらの先生には4月にもお世話になっていたのだが、その際、あまりの素晴らしい人柄と丁寧さ、それに飼い主の気持ちを思う姿にとても感銘を受けた。思わず勝手にお慕いしてしまっていた。
その先生にタケタンの今の現状を伝えると同時に、堰を切ったように泣けてきてどうしようもなかった。アウアウオエオエ言いながら、さぞかし先生も聞きづらかったであろう。でも先生も途中から鼻声になってしまって・・・。先生、すみません。本当にありがとうございます。

泣くのはまだ早い。確定診断もついていないのに勝手に悪い方に想像してはいけない。
ただね、痩せて元気のないタケタンを見るとね、どうして??なんで??と、もう単に単純に泣けてくるのだ。
こんなタケタン見たことないし、想像したこともなかったんだから。

そして、午後4時。運命の4時。
再び病院へ。
朝からカステラ二切れしか食べられなかった。面接や試験に向かう時に似た緊張感、いや、それよりももっとひどい気持ちが朝からずっと続いた。

まずは体重測定。食べてくれた甲斐あって、42.5kg。変化なし。
そしてレントゲン。たぶん嫌がるだろうから付き添った。初めてあの防護エプロン?を着た。
タケタンにレントゲン台に前脚をかけてもらって、よいしょ。何とか乗るが・・・侍タケタン、座りません。なんとかなだめて伏せをさせる。撮影成功。貧血のせいで動きが緩慢だったからできたんだな・・・。
そのまま採血。

そしてエコー。

肝臓に・・・・肝臓にしこりは・・・・なさそうです。脾臓も問題なさそうです・・・・。

え、ほんとですか??
いや、マジですか??

腰が砕けそうになる。

犬の肝臓は6枚の葉っぱみたいになっていて、それが重なって見えたりするときが診断を鈍らせることがあるそうなのだ。
たぶんそれだったのか・・・・。
やっぱり我らがタケタン、「ほったらかして出張に行きやがった、クソー!」と、ママを困らせたかったのか?

とりあえず待合室でレントゲン、採決結果、エコー画像の総合診断を待つ。
さっきの待合室はたぶんどす黒い空気をまき散らしていただろうが、今回は違う。とにかく肝臓さん、脾臓さんに問題がなさそうなのだ。地獄のような日々から頭一つ抜け出せた気分で、自然と笑みも出た。

そして先生に呼ばれる。

貧血が進んでいます。肝臓・脾臓に問題がなさそうなのに貧血が進んでいるということは、消化器あたりから血が流れ続けているのではないかと思います。
甲状腺の数値も悪いです。ただ、身体が戦っている時には数値が悪くなります・・・・などなど・・・。
そして、結局何が悪さをしているのかを探すためにCTを撮ることに決定。
その予約をしていただき、レントゲン画像CDやら血液検査結果などを封筒にいれていただき、薬も変更してもらって帰宅。
帰りに美味しいお肉屋さんに行こうと思ったが、病院を出たのは午後7時。長丁場だったなあ・・・。

帰宅後兄弟は死んだように眠る。私は近所のスーパーで牛肉をゲット。
お腹がすいたというのでご飯に。
一応パクパク食べてくれたが・・・・途中で止まる・・・・いや、ここで止まられたら薬まで行きつかんがな!
急遽再度スーパーに。
何を買いに行ったかというと、国産牛。食べたのを止めたのは豪州産牛肉。
国産牛を美味しそうに食べ始めるタケタン・・・・・・タケタン・・・・・・タケ・・・・・・オイ、コラ、タケ!
国産牛肉巻き薬玉も無事に食べて終了。
パパが帰ってきて更に馬肉ぶつ切りも食べた。

何も言うまい。うん。

●2014/11/29 (土)
法事で長野の中野市へ。
貧血や得体のしれない病気が心配であったが、とりあえずCTまでは何も動けないのと、気分転換にと思い、出発。
ひん尿が気になるのでこまめに休憩を取る。絶対にタケタンに無理はさせないように。騒がず静かな旅行にしようと決める。

まず、現地について朝一番で向かったのは精肉店。
赤身が欲しいんです。
どうやって食べますか?しゃぶしゃぶ?焼肉?薄切りだとこのお肉、厚切りだと、これがなんたら・・・・。
あの、すみません、本当に本当に失礼な話なのですが・・・・うちの犬がちょっと病気で・・・・今、国産牛肉しか・・・・・。
あら、そうなの?!うちもトイプーがいてね~!
というわけで、とても快く美味しそうな信州りんご和牛を買わせていただくことができた!

現地は午前中雨だったが、昼から晴れる。良かった。
1時間毎にオチッコに連れて行っていたのだが、車の中で初めての粗相。ごめんね、タケタン。
ただ、Mr. Macさんのカーシート、確か防水ではないのだが、生地がしっかりしているために全てのオチッコを受けとめてくれていた。感動、感謝!!

午後はお墓参り、その後ペンションへ。
木島平のスキー場の中腹にあるBIG FORESTというペンション。とにかく玄関出たらスキー場なのでタケタンもうれしそうだ。雪のない営業期間外のスキー場は、場所によっては背の高い雑草が生えているところがあるが、ここはほぼ芝生に近い状態だったので犬達は本当にうれしそうだった。

これまでに経験したことのない回数のオチッコに出す。
夕方6時、8時、10時、12時半、3時半、6時。
ほぼ3時間おきだ。

食欲もバッチリ、薬もOK。自由運動させていたが、時々うれしそうに少し走ったりしていた。

●2014/11/30 (日)
無事に長野を出発。帰りはららん藤岡でまたしても肉。上州肉ですぜ。そして野菜もゲット。
夕方早めに帰宅。
明日のCTの為に、夜9時までに食事を終わらせて、朝6時で水もストップ。
さて、明日に備えてゆっくり休めよ、タケタン。

●2014/12/1 (月)

緊張すると指先が冷たくなるなあ、ワシ。

朝8時出発。向かうは埼玉のキャミックさん。
受付~タケタンお預け~説明~帰宅。
説明では麻酔がどのぐらいの時間かかって、目覚めるのはこれぐらいだが、甲状腺の数値が悪い子は目覚めに時間がかかることが多いので・・・とのこと。
具体的に「時間がかかる」というのはどのぐらいのことをいいますか?
なんともいえません。
目覚めないこともありますか?
私の経験上ではありませんが、100%無いとはいえません。
そんなやりとりをした。苦しかった。
予定では1時半~2時頃のお迎えになりそうとのこと。
家から病院まで20分ちょいだから自宅待機にした。

12時過ぎ、見知らぬ番号からの電話、なんだこの中途半端な時間は??少し手が震える。

タケゾウくん、麻酔から覚めるのが早かったので、お迎えお願いできますか?

さすが、漢・武蔵。侍タケタン!
ちょっと早すぎて、ママすごくこわかったYO!

まずはCTの画像説明を受けて、タケタンと再会。
採血の場所にピンクの包帯つけてた。ウキウキ笑顔で戻ってきた!そして待合室の匂いを嗅ぎまくっていた。オイ!

貧血は少し改善。
PCV(HCTヘマトクリット)の推移はこうだ。ちなみに正常範囲は37~55%。
4月22日 : 46.9%
9月22日 : 40.2%
11月22日 : 30.3%
11月28日 : 23.7%
12月1日 : 28.4%

牛のおかげです・・・・か?

CTの費用は次の通り。

CT検査(1部位)40 kg 以上 : 41040円
CT追加検査 7560円 x 5 : 37800円
CT造影剤 40kg以上 : 25920円
採血料 : 1080円
CBC検査 : 2160円
点滴処置 20kg 以上 : 2160円
処置料 : 1080円
酸素室 10kg以上 : 3240円
-------------------------------------
合計 : 114,480円

ちなみにアニコム70%の保険に入っているが、通院の場合の一日限度額は14000円なので、10万円は自己負担であります。
腎臓にちょびっと梗塞っぽいものがみつかった以外はとにかくきれいな内臓であった。腫瘍らしきものがなく、内臓の腫れもない。股関節も問題なかった。
時間をかけて一つずつ消去法をやっていくより、一発で胸からお尻までの内臓の状態がわかったのだから、この10万円は価値のあるものだ。うん。

夕方5時過ぎ、お腹すいたというのでご飯。
昨日届いた馬肉。馬刺しを作る際にできたトリミングの冷凍したものの半解凍を500g。
ペロリと食べた。
よし、このまま国産牛肉巻き薬玉だ!

えっ・・・・。

牛肉は嫌だと、上州肉はいやだと・・・・。

昨日、散々同じ肉食べたじゃねーか。
上州がダメなんですか?松阪ならいいんですか?
国指定の次は、産地指定ですか?

COSTCOに行ってアメリカ産牛肉(たぶんプライムのほうにしなければなるまいな)をゲットして試してみたいが・・・1ロットがデカすぎるし・・・・まあ、食べなきゃ人間が食べればいいのか。よし、COSTCOに近日中に行ってみよう!

結局この日は完全に薬を嫌がった。飲ませられなかった。

それにしても、長い長い地獄の10日間だった。
先生のたった一言で、飼い主はいとも簡単に地獄に突き落とされるのだ。

癌と戦うブログを見て、獣医さんのサイトを見て、手術のサイトを見て、サプリのサイトを見て、外科手術の評判を探し、病院の設備を調べ、これからどうなっていくかを調べ、これからどうやって接するかを考え・・・・・気付くと涙、タケタンを見て涙、そして胸が苦しくなる・・・・そんな日々であった。

今までそんな苦しみを人生において味わったことがなかった。初めての経験である。
タケタンにも、病院に預ける、麻酔をかけるといった苦しみを与えてしまった。
私の苦しみはどうでもいいが、もうタケタンに苦しみを与えたくない。

振り出しに戻ってしまった感のあるタケタンの原因不明の貧血であるが・・・・とりあえず薬で様子をみることとなった。

●2014/12/2 (火)
朝すごく歯茎が白い。恐ろしい。
先生曰く、レバーだの鉄分多めの生肉だろうが、造血剤(薬)のそれとは雲泥の差とのこと。
だから薬のもう、タケ。

昨夜パパがお客様と夕食で会社に車を放置して帰ってきたから、今朝は会社まで送りに行って、その後ランに行くことにした。昨日はウンウン出てないからね・・・。

ランでのウンウンはやっぱり緩い。濃いカーキ色とでもいうのか、黒っぽいこげ茶というか・・・。固体は10%ぐらいで、あとは軟便というやつ。水様便ではなかったが・・・。
散歩はうれしがる。雨上がりでドロドロのランは排泄目的だけで、その後芝生をゆったり散歩のつもりが、なんか太陽の下では歯茎や舌の白さが際立って見えてしまって、なんだか怖くなって20分ぐらいで帰宅することに。

朝ごはんに馬肉(トリミングの残り)をあげようとするも拒否。冷凍馬ぶつ切りは150gぐらい食べたかな。牛肉はやっぱりイヤとのこと。
とうとう牛肉さんともお別れなのか・・・?

お昼は・・・焼いた鶏肉・・・・食べたよ。しかも美味しそうに。
あれか、牛肉の毎日だったから飽きたんだな??そうなんだな??

ということで、夕食はとんかつ用の豚肉だよ。挑戦だよ。
細かく刻んだにんじん、安納いも(家にじゃがいもが無かった)、白菜を柔らかくなるまで鍋で煮る。1.5L分ぐらいの野菜スープにブイヨンを1個だけ投入。にんじんは「ニオイが少ない」と書いてあるものをチョイスしました。タケタン、にんじん嫌いです。なので念には念をでブイヨン投入なのです。
そして、フライパンで一口大に切った豚肉600gを焼く。最初は水分が出てくるが、ずっと焼いてると油だけになって少し焦げ目がついてきた。そこにほんのちょっとの鎌田のダシ醤油。
ブイヨンスープにダシ醤油かよ?と思われるでしょうが、食べてもらわないとゴミになるのです。貧血のタケタン、痩せたタケタンにはとにかくおいしそうな香りのご飯なのであります。

もうね、涙ちょちょぎれるぐらいガツガツ食べてくれましたよ!いつもは野菜を残しがちのタケタンですが、最後までペロリでしたよ!
そして、そこからが本当の攻防戦です。そうです、薬です。
朝も失敗したからね、今日はカステラ巻きです。しかも薬はオブラートに包みました。ニオイ漏れを防ぎます。
そして、掛け声は「おいしいよ、小次郎君がきちゃうよ!早く食べよう!」です。
ママ、今夜は勝利しました。ビバ、オブラート!
看護も少し楽しもうと思いました。

今現在、タケタンは元気があまりない状態が続いています。
いつもニコニコしていたのが、今は30%ぐらいになり、尻尾も時々しか振りません。
小走りはできますが、貧血なので基本的にはさせてません。自由運動で自らするときには制止はしていませんが。。
宅急便などの玄関のピンポーンにはいつも通りバウワウ吠えて反応します。これをしなくなったら本当に恐怖です。
それと、一応1日2回の食事は出来ています。今は完全手作りです。フードを少しでも混ぜると全部を食べなくなってしまうので・・・・。

そうだ。
昨日調べ物の最中に見つけた言葉。。

「幸せは あなたの名前 呼べること」


Category: 武蔵&小次郎

10:38 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

タケタン 復活への道 Part 2

2014.12.08(Mon) | EDIT

Part 2からはほぼリアルタイムの記事です。

●2014/11/24 (月)
連休最終日。薬のせいで多飲多尿になりますと聞いていた。昨夜は結構飲んでいた。
朝、パパママ揃って散歩。近所の草むらで30秒以上の大量チッコ。すごかった。
歯茎はちょっと赤みが戻ってきている感じ。散歩行くよ!といったら、目をキラキラさせていた。
昨日の疲れもそんなになさそうだ。
散歩の足取りも軽い。
ただ、便が水様便。肉類しか食べてないもんね・・・。普段でも肉しか食べてないと下痢気味になるのに今の状態だとそりゃそうだわな・・・。
遅めの朝ごはんは馬肉のミンチ(肉・内臓・骨入り)を少し食べ、昨日の残りの馬刺しに薬をくるんであげようとしたら拒否。
なので、パパママ用に買った焼肉用のお肉に急いで包み直してあげたら食べた。
錠剤もすぐに溶けるから焦る・・・・。

午後3時頃、馬のテールをスライスした生冷凍肉をあげたら200グラムペロッと食べた。
好きなものは食べてくれる。でもタイミングが大事っぽい。

午後4時前、散歩に行くか?ときいたら目がランランとしたので散歩に行った。
途中、犬好きのおばあさんに何歳?と聞かれ、4歳半と3歳半ちょいですと答えたら、若いね、元気満々だね~!と言われた。
まだ4歳半なのに今元気がないんです、ちょっと病気かもしれないんです、そんなことは言えず、そうなんですよ~と笑う自分。つらい。涙でそうになった。いや、実際は出た。
近所の公園の芝生広場で二頭がいつものように座ってのほほんとしてた。タケタン笑ってるし。
なんかこみ上げて来て「タケタン、病気に勝ちなさい!勝て!!」声をかけたら、まるで怒っているように聞こえたらしく「ボク、何か悪いことした?勝て?待て?どっち?」みたいな顔された。ごめん、タケタン。

今夜はバターで炒めた野菜とと牛ヒレのご飯。
肉はほとんど食べて、野菜は1/3ぐらい食べたかな。その後、追加でお肉をあげて夕食は終了。
なんとなく散歩に行きたそうだったので、寝る前の散歩を少し。オチッコした。

●2014/11/25 (火)
今朝は人間の朝食をとても食べたがった!スパニッシュオムレツみたいなものだったので、少し卵部分をあげた。
喜んで食べた。
そして12:30の朝ごはん。牛のすね肉を表面を少し焼いてやり、それにいつものドライフードを100gほど混ぜる。
肉の味をしっかり移してあげてみたところ、肉は完食、ドライフードも50gぐらいは食べたかな。やったぞ!

食べ終わった後、ドッグベッドで少しくつろいでいたタケタン、いきなり寝室に向かって走って行った。
その後小次郎が何故かドッグベッドをクンクンしに行った。
あれ、吐いたかなと思ってドッグベッドを確認しにいったら大量のオチッコが。
タケタンは自分でもびっくりしたようで、少しもらしながら移動したので、タイルカーペットにも点線が・・・。
そして、パパの布団にも残りの尿が・・・!
実は今朝も玄関扉の内側(家の中側)のラグにオチッコしてた。
よっぽどひん尿になるのだな。これからはとにかく数時間おきにオチッコに出そう。
今日は本降りになってしまったから散歩は中止なので特に庭に出さないとね。
そうか、ご飯が少し食べれるようになってきたのと、お肉中心だから水分があるので、薬の多飲多尿がここへきて本格化しはじめたんだな。

明日は夕方だけ雨が止むって天気予報。頼んだぞ、雲さん。

朝起きると、少しけだるい感じのタケタンだが、散歩には行くし、散歩から帰ってくると目が輝いている。本調子じゃないとは思えない感じ。
確実に先週前半よりは体調は復活しているようだ。貧血は快復傾向なんだろう。
ただし、今朝の散歩でのウンウンはタール便。身体の中は良くないんだろうな。。。

朝~夕方散歩ぐらいまではなんとか精神的にも落ち着いているのだが、どうも夕方~パパの帰宅までがつらい。いやな方には考えないようにしているのだが、色々調べまくっていると現実と希望、現実と期待、現実と失望が交互にやってくる。
まだ何かを確定されたわけではない。先生達も決定的な材料が無い限りは明言を避けるようだ。
ただ、このネット上の有り余る情報が時に期待をもたせ、時に苦しめる。でも調べずにはいられない性格。。。
無駄に明るい小次郎の存在がありがたい。

掃除をしていて発見。
人間の寝室においてある2個のドッグベッドの内、1個にオチッコ粗相の跡を発見。
ダーク色の柄のカバーなので発見が遅れた。
湿り程度から判断すると、昨日だろうか。。
とにかく、粗相の頻度が増えてるのは確実だ。
2Fが居住区なので、きっと1Fの庭までもたないんだろう。ベランダを開放してトイレにしてあげるかな。。してくれるかな。。うん、やってみよう!

12時半過ぎの粗相チッコの後、4時前に庭に連れ出してチッコをさせた。やっぱり大量。
ご飯後というのも手伝っているとは思うが、3時間~4時間でかなり溜まっているっていうことだ。
これじゃ夜に我慢できないのもうなづける・・・。

夜7時に夜ごはん。
牛肉+フード50g、フードは30gぐらい食べたかな。お肉は200gぐらい食べたと思う。
手羽元も2本食べた。
明日にはウェットフードが届く。もう少し食べてほしい。お肉だけでは心配。
その後7時半過ぎにオチッコ。またまた大量。寝る前にも行かなきゃ。それと、1Fにもトイレシートセットを置いておかないと。できれば玄関を少し開けっ放しで寝たいんだけどな。ベランダはまだ作業中だし。。

パパが9時半過ぎに帰宅、パパのご飯につられたのか、冷凍生馬肉を200gぐらい食べた。
少量ずつでも回数を重ねればご飯の量としてはOK。むしろそっちのほうがいいみたい。
10時過ぎに寝る前のチッコ完了。後は深夜・・・・寝てる間に一度起こして行かせるかな。。

うっかりすると小次郎とのスキンシップを忘れがちになる。ここで小次郎にストレスを与えてはならぬ・・・。

●2014/11/26 (水)
昨夜午前3時過ぎ、パパがタケタンを外に出してくれた。オチッコばっちり。
どうも寝てる私の横に来て、ハーハーいっていたらしい。私はそれに全く気付かず、パパが気づいてくれた。
こわいなー、自分、起きろ!
オチッコしてすっきりしたのか、直後ママのベッドに乗ってきて、ママとぴったり寄り添って寝始めた。ママのぶっとい腕枕付きで・・・。
もちろん腕枕などお安いご用なのだが・・・暑いよ・・・・タケタン、このままだと二人とも汗かくぐらい暑いよ・・・。
マジで暑いんじゃないの、タケタン?って言おうとしたとき、タケタンはすっくと立ち上がりいつもの定位置(寝室の角)に行った。その間30分ぐらい?暑かったけど、幸せだった。

朝から雨。寒い。
朝8時過ぎ、お庭でチッコ。散歩に連れて行こうとレインコート着せても「今朝は行きません」とのこと。小次郎も然り。
ついでにウンウンもしてくれないかなーと思ったがダメだった。

お昼前に自分の健康診断で1時間程外出。
早々に帰宅して奴らをお庭に開放。すぐに大量チッコ。早く帰ってきてよかった。

12時半、肉屋さんにも寄ってきたので、またもや牛肉。
鶏肉もあげたいのだが、どうも鶏肉を食べなくなってしまった。チーズに引き続きですか・・・。
今日は薄切り肉にしたので、フードがよくからむ。これいい案!
フードは50g残さず食べた。肉300gも。久しぶりにお皿をきれいにしてくれた。
ちなみにタケタンは一粒残さずきれいに食べる。小次郎は必ず2~5粒ぐらい残す。どうも視界に入らないらしい・・・。
ご飯後の手羽元はやっぱりもういらないっていうので、生冷凍馬肉のぶつ切りを120gぐらいあげる。ぺロリ。

とりあえず動きは軽い。ご飯も結構食べてくれている。薬もちゃんと飲めている。
このまま薬でなんとか快復してくれないのかな。
レントゲンを撮るにしろ、CTを撮るにしろ、鎮静剤だの麻酔だのかけるわけでしょ。身体に負担がかかるし、精神的にもよろしくない。そしてその後がどうなるかとか今は想像できない。
神様、なんとかならないものでしょうか?

タケタンが調子悪くなって、日課にしていたバニ飼いの皆さんのブログを拝見する機会が減ってしまった。
自分のブログもなかなか更新しなくなってしまった。そういう気持ちになれないのと、ひたすら調べ物をしているからか。
今のこの状態はとても幸せな時間なんだろう。タケタンも小次郎もここにいる。
誰も入院なんてしていない。皆一緒にいる。
先日まで、タケタンは健康だからあと10年、小次郎はストレスなさそうだからあと10年、うちの子たちは絶対長寿バニだろうと信じていた。
走り、泳いで、四季を満喫して、プロレスして、食べて、寝て、なでられて、抱きしめられて、ときどき近所のおっちゃんに持ち上げられて、たまにママに怒られて、パパは甘やかして。
どうして私のタケタンにこんなことが起きる?何かどこか間違った?
私の余生20年を引き換えに、タケタンの10年を下さい。いや、5年でもいいです。お願いします。

ウェットフードとサプリが届いた。
早速サプリ3錠をお肉にくるんであげる。
信頼、尊敬している犬飼いの大大先輩の情報にすがってみる。
タケタン、免疫力をマッハで上げろ、ご飯もとことん食べろ!血を作り出せ、体力つけろ、そして勝て!!

洗面所で気持ちよさそうに寝てるタケタン。
この姿はいつもと何ら変わらないのになあ・・・・。

夕方5時半、口元をペロペロさせながら寄ってくるのでご飯の用意。
こういうタイミングを逃さないように・・・。
今日はグリーントライプだよ~。ちょっと前まではガツガツ食べてたやん?
食べない。
仕方ないので、明日用にとっておいた薄切り牛肉をフードに。
牛肉300gとフード50g。しかし半分ぐらいしか食べなかった。薬は問題なし。肉巻きだしね・・・。
タイミング・・・やっぱりむずかしいのね・・・。

6時、ご飯の後にはオチッコにいかなければまずいので庭へ。
おお、雨がほとんどやんでいるではないか。
早速散歩&素晴らしいウンウンを産み出してくれた!思わずパパに写真メールしちゃったよ。
道端でデカわんを二頭連れたオバハンが地面に向かって写真を撮っている姿は異様だったかな・・・。
でも、昨日の朝のタール便からのほぼ通常便への大逆転よ?写真撮るよね。

なんとなく、なんとなくだが、痩せた身体も戻ってきているような気がするし、ウンウンも良好になった。
貧血はどうかな、もう少し赤みが欲しいところだけどな・・・。

10時前にオチッコ。
オチッコしたい時は誘うと自発的に玄関を出る。そうじゃない時は出ない。わかりやすい。
ターキーのネックスライスを70g、馬テールスライスを120g食べる。
夜ごはん、半分じゃ少なかったのかもね。もう少し食べそうだけど、明日の朝を空腹で迎えてもらいましょう。

11時半にもオチッコ。

●2014/11/27 (木)
やった、今日は晴れた。
朝5時半、庭でオチッコ。玄関のラグが濡れているのを発見。やっちゃったんだな。
やっぱり朝5時まではもたなさそうだ。今夜からやっぱり3時台には一度させたほうがいいかも。。。
朝8時の朝散歩は行かないという。小次郎は一人でウキウキ行った。タケタンは庭でオチッコした。

すっかりご飯&オチッコ記録である。

朝ごはんは11時半。
昨日の薄切り肉+フードの残り(150g+30g)に、残っていた肉50gを追加してあげた。
肉だけ食べた。やっぱりフードはいやなのかー。
馬のテールスライス180gも食べた。薬もバッチリ。
食べるには食べる。選り好みが激しいが。。

朝はやっぱりけだるい。
10時ぐらいになるとちょっと元気になってくる。

今日は暖かいので玄関は開けっ放し。
好きな時にチッコするがいい。
こっちは朝から洗濯ばかり。シーツに布団、通常の洗濯、今あれ、4回目?

今から思えば、3か月前ぐらいから少しウンウンが緩めな時が多かったように思う。
ただ、少し柔らかいだけで、形はあるし、色もいいし、食欲もあるので特に気も留めなかった。
ガンガン遊びに行ってたしね、タケはあらゆる場面で元気だった。
自分で体重をコントロールするような感じがあって、毎年同じ季節でも食べる時食べない時があったりして、
体重は46~49kgぐらいの範囲で1年ぐらいのゆっくりとたペースで増減を繰り返していた。
でも9月の時点でも血液検査に異常無しだったのだ。
いろんなサインをママは見過ごしていたのかな・・・・。ゴメン、タケ。

夕方2時間のロング散歩へ。
とはいってもまず近所のスーちゃんちの玄関先で30分ぐらいいて、それから近所の公園へ。
公園でも大きな芝生広場で他のワンコたちとご挨拶程度、後はニオイ嗅いだり、オチッコしたり、動きは緩慢。

散歩から帰ったら2頭共グーグー。何を疲れたというのだ、特に小次郎!
結局8時半頃のご飯。
今日は豚肉だよ。薄切りの美味しそうなやつを湯がく。
その前に缶フードを味見させる。パク。おお、食べそうじゃん!
急いで缶フードの上に豚肉を乗せてご飯へ。
豚肉だけ選んで食べる。
何故!!
しかも豚肉、ゆがいたら薬が巻きにくくなってしまって、急遽近所のスーパーに牛肉を買いに走る。
缶フードよ、さようなら。でも他の味が残ってるからね、攻防戦は続くよ。

10時半オチッコ。

11時過ぎにパパが帰宅。なんとなくお腹がすいたっぽい目をしてたので、冷凍馬肉生ぶつ切りを与えてみる。
食べる。たぶん300gぐらい食べた。
一体何なんだ!

今日は玄関の扉を少し開けて寝てみる。いつオチッコいってもいいように。
防犯対策は兄弟にまかせた。





Category: 武蔵&小次郎

10:36 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

タケタン 復活への道 Part 1

2014.11.24(Mon) | EDIT

健康優良児、アスリートバニともいわれ続けていたタケタン、突然食欲がなくなった。

これは復活を信じ、その日々を備忘録として綴ってます。
(Part 1の記事は記憶を辿って書きました。)

●2014/11/16 (日)
9日間のドイツ出張から帰国、その足で預け先へお迎えに急ぐ。
いつも通りの笑顔で先生にさよなら、舎人公園の一周散歩後に帰宅、夜ごはん。
この日は3/4のドライフードを食べる。特に変化を感じることもなかった。

●2014/11/17 (月)
朝、右後肢を床につけない。どこかでぶつけたようだった。少し元気がなく、ちょっと貧血気味かなと少し歯茎のピンクが薄かったので気になったが、昼前にはパパのベッドでへそ天で寝ていたので脚のほうもあまり心配せず。
ご飯はほとんど食べず、昼に手羽元を2本程。
案の定夕方には脚は治っていた。
夜も食事は同じような感じ。
今回の預けは久しぶりの長丁場だったから、少し疲れたのかなと思った。
ただ、預け先は3か月のパピーの頃からずっとお世話になっている幼稚園のお宅で、ブログにもよく書いているが、預ける時なんぞは振り向きもせず、「先生ーー!!!!」という感じでスタコラサッサと飼い主を放置気味にウッキウキでお宅の中へ消えていくのである。ストレスはむしろ小次郎の方にあるといつも思っている・・・。
でも今年は少し多かったかな、1月、2月、4月、8月、11月だもんな・・・。

●2014/11/18 (火)
相変わらず少しだるそうだが、インターホンの音には普通にバウワウ吠えて反応するし、1F~2Fへの階段も軽い足取りなので、単にご飯を食べていないせいだなと思った。
普段から食欲のムラがある子だったので、単に食べたくないだけなのか、病気などで本当に食欲がないのか違いがとてもわかりにくい。
昼にご飯を与えてみるが、食べたくないとのこと。あまりご飯は強要せず、また大好物の手羽元を2本。
夜はピレニーランドの冷凍フードを5かけ程食べてくれる。

●2014/11/19 (水)
だるさも少し解消してきたのか、朝ごはんを食べたいと要求してきた。
いつも通りの分量(ドライフード180g)を与えたところ、3/4程食べたところで止まったので、後少しだよ、と粉チーズをかけてあげた。そしたらプイとそっぽを向いて、もういらない、と。
うん?これはおかしいぞ??人生でチーズを拒否したことはたぶん一度もない。
焦って、冷蔵庫から6Pチーズを出し、指先に少し乗せて鼻先へ。
プイ。
うーん・・・・。これは本物の食欲不振なのか。。。
ただ、ハツラツさは少し無くとも、足取りは軽いので、もしやヒートの子に恋をしてしまったのかもしれない!と思った。
ふさぎこんだり食欲不振になる子もいるというのは聞いていたのでね。。。
預け先の先生のお宅に電話して可能性を聞いてみたが、今回はタイミング的にヒートの子はいなかったとのこと。
タケタンのワンコ先生(ダックスフント)になぜかご執心だったらしいので、もしやワンコ先生ロスか?!との疑惑が・・・。
夜はやはり食べたくないとのことで手羽元。でも一本のみ。

●2014/11/20 (木)
朝ごはんに豚肉とキャベツのスープを与える。しかしスープのみペロペロと。
乾燥牛レバー、馬の乾燥あばら肉、どちらもみちのくファームさんのものだが、これらは結構食べてくれた。
おお、もしやワガママ病なのか?!と少し期待してしまう。
以前も数回あったのだが、フードに飽きると別のフードを探せという指令をタケタンは出すので、今回も8種類ぐらい小袋を注文。(っつったって、1kg袋とかだからな・・・・高くつくぜ、タケタン!)
加えて、羊肉のなみかたさんで馬肉を中心にあとはタケタンの大好物の数種類を注文。
夜は焼きレバーを食べてくれた。
なんとなくだんだん元気が戻ってきたように見える。ただ、食べてないからね、痩せてきてしまった。

●2014/11/21 (金)
連日、普通に散歩にいってくれるので、単に食欲がないだけ、少し疲れているだけ、のように見えるタケタン。
夜はパパが会社で食事会だというので、夜はお友達のスーちゃん家と犬連れOKレストランへ。
ワンコの食事として、鶏、豚、牛、魚と選べるのだが、無難に鶏を選択。
こちらの食事は細切れ温野菜にたくさんの焼いた(ゆがいた)お肉が入っているとてもシンプル・ゴージャス・ボリューミーなもの。毎度兄弟達はすごい勢いで間食するのだ。
今回は結構がっつき気味でスタートするも、6割でストップ。残りは小次郎君へ。
スーちゃんパパ、ママもタケタンが痩せてしまっていることを認識。

●2014/11/22 (土)
パパも小次郎も一緒に朝から病院へ。
やっぱり体重は42kgに減っていた。たぶん9月には45kg以上はあったはずだから3~4kg減っちゃった。
春頃には48kgぐらいあったんだよ・・・・。かっちょいいタケタンだったのに。
採血してもらうと、やはり赤血球・ヘモグロビン数値が低い。貧血だ。
肝臓系の数値も悪い、おまけに脾臓の数値も悪い、CRPも高い。

院長先生(腫瘍専門)のエコー診断。
肝臓(右側=手術がむずかしい方)にシコリみたいなものを確認。脾臓にも少し炎症のようなものが見える。
それが胃を圧迫してご飯が食べられないのかもしれないと。

シコリって、一体何ですか。

人間、パニック。

いや、先生、タケタンは健康優良児で、4月の血液検査でも9月の血液検査でもスーパードッグってお墨付きもらってて、今回のこの診断って、ストレス性のもので、すぐ消えるとかそういうものじゃないんですか?と。

消えません。

いやいや、出張前の犬の集まりでも足取り軽やかに女の子を追いかけまわしてウキウキだったんですけど、こんなに急にそんなものができたりするんですか?と。

徐々に、かもしれません。

まず貧血を治して、肺のレントゲンを撮って、CTを撮りましょう。それからです、と。
貧血改善、炎症改善、下痢改善、肝臓を守る薬など、合計9種類いただく。

診察料:800円
血液検査(CBC、生化学9項目):5500円
血液生化学検査1項目:500円
糞便一般検査:500円
超音波検査(読影、診断料):3000円
犬CRP検査:2000円
内服薬(2週間分):12600円

白血球WBC : 12300 (6000~17000)
赤血球RBC : 423 (550~850)
ヘモグロビンHGB : 9.4 (12~18)
ヘマトクリットHCT : 30.3 (40~55)
MCHC : 31.1 (32~36)
血小板PLT : 6.0 (17.5~40)
CRP : 14

※内容・金額を書くのは、こういう詳細を書いておられる方のブログがとても参考になったからです。

こんな感じで午前中を終える。

昨日スーちゃん家と行ったレストラン、パパは久しぶりだし、病院の近所だったのでそのままGO。
タケタンもまた食べてくれるかなという期待を込めて。
今回は豚をチョイス、なんだよ、9割も食べた。残したのは少しの野菜のみ。もちろん小次郎君がいただきました。
小次郎がご飯食べる子で良かった・・・。二頭ともムラがあったらママは参ってしまいますよ。。。

夕方、少し冷静になったので再度病院の先生に電話をして現状と今後の確認をした。
肺のレントゲンの必要性は、CTを撮る際にガス麻酔を使うのだが、その際に肺の状態が良くなければその麻酔ができないから。CTをいきなり撮りに行っても結局肺のレントゲンを撮ることになるから、その時に何かあったらCTを撮れなくなる、とのこと。
まずは貧血を治す&その他の炎症を治す→しこりの大きさを再度確認→肺のレントゲン→CT→どうするかを決める。

自分で「どうするかを決める」とか電話口で言いながら、心では「どーもこーもしないよ、タケタンは治っちゃうから。タケタンの一時の気の迷いで肝臓に影出しちゃっただけだから。」と思う。思うしかない。

●2014/11/23 (日)
11月2日~3日の那須旅行以来のお出かけ。
タケタンのパワースポット、富士のお庭に行ってきました。
パパは那須に行こうっていったけど、ママが絶対に富士って押し通した。
これが大正解だったよ。
雲ひとつない晴天に残雪があったのだよ!
初雪遊び!!
タケタン、またもや軽い足取り。爆走とまではいかないけど、タッタカタッタカとお庭を駆け抜けてました。
ご飯は冷凍フードと数種類の乾燥肉系ジャーキー。
冷凍フードは、いつもお腹がゆるくなると食べさせるうちの常備薬みたいなものです。
これが一発で治る。ということは、フードが合ってないのかも、とフードを変えてみるきっかけとなります。
うちの冷凍庫には必ず入っています。
ただ、食いムラ王子タケタンはこれも飽きると食べなくなっちゃうんだけどね。
案の定、お庭では食べない。でも乾燥馬肉を結構食べてくれたので、帰りに寄りましたよ、馬肉刺身のおいてある精肉店。
600g程購入、そして夜は470gを一気に食べてくれました。
良かった・・・。貧血、治さなきゃいけないからね。

富士山、タケタンをお守りください。手を合わせてお祈りした。


Category: 武蔵&小次郎

21:24 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

sanagonta

Author:sanagonta
武蔵(タケゾウ)と小次郎、そして武蔵の弟子、城太郎のブログにお越しいただきありがとうございます!

●武蔵 バーニーズ
2010/4/19-2015/1/19
4歳9カ月でお空に駆け上ってしまいました。

●小次郎 バーニーズ
2011/1/29生まれ

●城太郎 ニューファンドランド
2015/3/12生まれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム